XPERIAの入力が韓国語になってしまったときの解決方法。

今日、なにもXPERIAの設定をいじってないのに、外出先でキーボードが韓国語になってホトホト困りました。
なにしろその解決方法をグーグルで検索しようにも、打てない。メールも韓国語キーボードで打てない。
しかも出先でPCが使えない。

そういうときは、誰が考えても「設定」>「言語とキーボード」>「地域/言語を選択」もしくは「スタンダードキーボード」あたりの設定かと思うじゃない?

でも違いました。

一緒にいたガラケーもってる人にググってもらったら、ブラウザを立ち上げて、入力欄を長押しすると「テキストを編集」「入力方法の選択」で(韓国語キーボードが選択されているので)「Pobox Touch」を選択。
※POBox Touchは、Xperia標準搭載の日本語入力システムとのことです。

これで直りました。

しかし、じゃあ「設定」>「言語とキーボード」はなんなの?
まったく!

何も設定変更していないのに勝手にハングルになるなんて、「XPERIAはフジテレビの回し者か?」と思った次第です。

(2012.03.02追記)
自分のスマホはXPERIAですが、今日出先でメールを打とうとしたら・・あれ?
キーボードが違う!しかも打ち方がわからない。
結局なにも出来ず、対処方をググって検索しようにも文字が打てず。

で、思い出したのが上記の記事。

そのときはモロにハングルのキーボードだったので、言語がオカシイとわかりましたが、今日は繁体字とか簡体字がでてくるわけではなく、大きさもいつもより大きかったので、単純に打ちやすくなったのかと思い、自動でなにかがバージョンアップされたのかと勘違いしました。

でも打ちたい文字が打てない・・。
変換できない・・。

左は今日お目にかかったキーボードのうち、1つのパターンで、ほかにも操作していると見慣れないパターンに切り替わりました。

前回も記事にしましたが、ハングルにしろ今回のトラブルにしろ対処は同じで、下記。

(1)どこのページでもいいので入力欄を長押しする。
(2)テキストを編集となるので「入力方法」を選択
(3)POBox Touchを選択

で元に戻ります。

結局、今日お目にかかったキーボードは「Chinese keyboad」だったわけで、中国語が出てなかったので、最初は言語がオカシイとは思いもしませんでした。

まったくどうしていつの間にか変わってしまうのか、どうせポケットの中で偶然ミスタッチしたとかなんでしょうけど、不思議です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。