送られてきたメールの添付が「winmail.dat」になる原因と対応策。

以前、某クライアントのAさんから添付付きのメールが届くと、なぜか添付が「winmail.dat」になってしまい、そのときは原因を深く追求せず、宅ふぁいる等のファイル転送サービスを利用してもらったのですが、今日も同じことが発生。

調べると、どうやら送り主のAさんがMicrosoft Outlook リッチ テキスト形式または Microsoft Word を電子メール エディターとして使用していて、受信側の私がMicrosoft Exchange リッチ テキスト形式を認識しないメーラーだと起きるようです。

取り急ぎの解決策として、送り主のAさんの使ってるMicrosoft Outlookの設定を(一時的に)下記に変更して、添付を再送してもらいました。

Outlookの 「ツール」>「オプション」でメール形式のタブを選択、「このメッセージ形式で作成する」から「テキスト形式」 を選んで「OK」をクリック。

結果、無事添付ファイルは受け取ることができました。

ただ(一時的ではなく)アドレス帳で個別設定するような方法も下記に書いてありました。Outlook使って送信者の立場なら設定してもいいかもです。

http://support.microsoft.com/kb/278061/ja


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。