Facebook内でEC(通販)を完結させるASPの話。

ただ単に取扱商品をFacebookに掲載して、既存ECサイトに誘導するようなアプリならMAKE SHOPでも用意してくれていましたが、Facebook内でECをすべて完結させるとなると、まだまだ多いとは言えません。

私もそのようなニーズがあって、ちょっと調べましたが、
ビルコムのReBuy(リバイ)とか、アラタナのSOCIAL GATEWAYとか、デフィデという会社からプレス発表されたばかりのyo.cart!!(ヨカート!!)とか。

ただ、各社条件(2012.04.25現在)はバラバラです。
ReBuy(リバイ)は月額システム利用料4%(売上に対する料率)。
SOCIAL GATEWAYは申し込みの基本条件が、いいね!の数が500件以上あること。月額手数料は3%(売上に対する料率でしょう)。
※3月に見た時は「いいね!の数が500件以上あること」なんて言ってたかなあ。仕様が4月になって更新されてるので料金も含めて変更があったのかも知れません。
yo.cart!!(ヨカート!!)は初期費用30万円から、月額5%(売上に対する料率)。

もちろん決済(クレジットカードの)手数料は別。
金額だけみるとReBuy(リバイ)が安いけど、機能はいちばん単純そうです。
本格的に、となるとSOCIAL GATEWAYとかyo.cart!!になっちゃうんでしょうか。
SOCIAL GATEWAYは、Facebook大好き市長の武雄市(佐賀県)がやってる「F&B良品」で採用されてたし、yo.cart!!は「ASKULファンストア」に採用とのこと。

ま、小さくECをやってみるビジネスなら、ReBuy(リバイ)ってとこでしょうか。
ただし、ユーザービリティ的にあの狭いFacebookでECを柔軟に展開するのは、まだまだ厳しい面がありそうです。

(2013.02.19追記)
武雄市がやっているFacebookのECサイト「F&B良品
ですが、これは見た感じ「http://www.zeeble.biz/」のカタログアプリを使って商品を見せ、Makeshopを使って決済しているようですね。
SOCIAL GATEWAYを使っていたと思ったのですが、途中で変えたのか最初からそうだったのか・・。
いずれにしてもFacebook内でEC(通販)を展開する事例として参考になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。