就活生のFacebookを企業側が「のぞき見」の件。

1週間ほど前の学生の就職活動にまつわる話題。
私も(最近は新卒採用はしていないけど)中途採用で応募書類に目を通したり面接する人間なんで、(どうせこのブログには就活生は来ないでしょうけど)ちょっと感想を書いてみました。

「本音書けないSNSなんて…」 就活生のFacebook「のぞき見」に疑問の声(2012.04.19)2012年4月19日放送のNHK「おはよう日本」で、企業がFacebookを利用して履歴書や面接ではわからない学生の素顔を見極めようとする動きが広がっているという特集が放送された。

金沢市のある不動産会社は12年から、面接を受けに来た学生のFacebookチェックを行っている。学生の交友関係や日常生活から素顔を知るためだ。

Facebookチェックを行って交友関係や素顔って・・・。
素顔だと思って企業が見たFacebookが、実はそれを見越して厚化粧されているということもアリですよね。
たぶん、日常生活でアピールできるような活動をしているとしたら、学生も面接や履歴書などでそのことを言うだろうし、どこまで素顔が見えるのかはわからないように思います。

学生の立場でいえばSNS(私生活)を見ることは、勝手に身辺調査されてるような感覚でしょうから、あまり気分がいい風潮ではないのはわかります。

しかしある意味、「Facebookを見る」と公言する企業=「デリケートなことに鈍感な会社」が発見できたと(就活生は)思えばいいんじゃない?そんなもんいちいち気にしても「こっそり見てる」という会社もあるでしょうし。
だからといって実名SNSに政治的な主張をガンガン書いてたり、他人や会社の悪口書いてたら学生どころか転職組だってヤバいですが。

FBを見る企業の肩は持ちませんが、(視点を替えれば)一旦社会人になると取引先の担当の趣味や出身とかを見る営業さんもいたりするわけで、それは「のぞき見」ではなく「下調べ」。
まあ本人が公開設定してるんだからその程度は常識の範囲。

逆に学生側も「のぞき見」だ「キモイ」だなんだと言ってないで、就職活動の会社を「企業名+評判」でググるとか情報収集ぐらいしてほしいものです。「そんな検索したことない」って言う純粋培養の学生のほうがコワイです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。