MS Office2010日本語版は、海外に比べてかなりボッタくられてるって話。

時々見てる「中国インターネット事情」というブログの記事にあったのだけど。
どうやら日本ではMicrosoft Officeは英語や中国語版に比べて極端に高かったんですね。

日本ではPersonal 2010で通常価格で31,290円(税込)。amazonで23,452円ぐらい。

それが米国(英語版)ではMicrosoft Office Home & Student 2010というもので、正規が$119.99(本日レートで概算9,400円)、米国amazonで$105.61(概算8,300円)。

だいたいHome & Studentって日本で言えばPersonal版とアカデミック版の合体版ってことですよね。日本では学生じゃないとアカデミック版は購入して使えないだろうし、そもそも日本語のアカデミック版はProfessionalしかないので正規には29,800円もするシロモノ。

で。
前出の「中国インターネット事情」では、米国と同じ家庭&学生版みたいなのが約2,000円とのこと。

Microsoft Officeが格安 中国版でも日本語を利用可能
(以下抜粋引用)
京東商城の360buyを見てみると、一番安い中国語版のワード、エクセル、パワポ、ワンノートの3点セットで169元(2,000円程度)という破格の値段で売られている。
日本で言うところのアカデミック版も兼ね備えているのかもしれないが、学生以外の家庭用にも使えるようだ。

しかし、この違いはなんでしょうね。
中国の正規価格が不明なので、実勢価格でしか比べられませんが、
・日本:23,452円(amazon)
・米国:概算8,300円(amazon)
・中国:概算2,000円(京東商城の360buy)

う~ん、ちょっと差があり過ぎ。
取れるところ(国)からとる?
それとも日本マイクロソフト株式会社が利益を乗っけ過ぎ?

「中国インターネット事情」の記事では、中国版を2,000円で買って、中国語版を日本語環境に変更できる言語パック(3,255円)を買えば、5,000円ちょっとで買えることになるとありましたが、それは一部の人にしか無理な話。

自宅の買い替え予定のPCには、(今まで試していなかったけど)OpenOffice.orgか、Office Web Appsとか、はたまたGoogle Docsに一度チャレンジしてみるのも手かな、と思った次第です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。