ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

芸能人ブログの評価(定価)リストが出ただけで、まるでステマの証拠を押さえたみたいな騒ぎ。

2012年12月19日 · カテゴリ:時事的な話(記録も兼ねて), 雑記

週刊FLASH 12月18日(光文社)の
収入はベテラン級…ブログ広告300万円越え「8人の芸能人」【ペニオク】
という芸能ニュース記事が意外に拡散してます。

本誌は1枚のリストを入手した。広告代理店が、今年上半期のブログ広告におけるタレントの価値を「定価」として順位化したものだ。
(中略)
リストには300万円を越えるタレントが8人いた。トップは350万円で2人。ママタレント系のY・Oは仕事で出会った関係者と結婚し、今年出産した元グラビアアイドル。(後略)

そのあと続くN・TさんやU・Kさん、タレントS。赤文字系モデルのR。元格闘家で格闘家の夫を持つA・Hさん・・て、挙げられた芸能人たちが実名になって騒がれてますが・・。
そもそもリストが実際にあるとしても、それは広告代理店で作った芸能人ブログの評価(定価)リストですよね。もし、その「定価」が各プロダクションと交渉済みだとしても、そのリストだけで騒いでも当人たちには関係ないんじゃないでしょうか。

記事タイトルに「8人の芸能人」【ペニオク】ってあるけど、「8人の芸能人」と【ペニオク】に関係はないようだし。

例えば「この記事」って(黒塗り部分があってもいいから)指摘があれば「ふ~ん」と思うけど、誰が書いたのかも明かされない「1枚のリスト」でしょ?
芸能人ブログに(ステマとは言わず)パブリシティ記事を書いてもらうとしたら、アクセスログやユーザー属性が想定できて、ちょっと媒体資料にかかわる業界の人なら広告代理店じゃなくても(出版社でも)料金案ぐらいできるでしょ。
ただ「1枚のリスト」を入手って、このレベルではペニオク事件の話題に乗っかった週刊誌の釣りのように感じます。

(追伸)
それより、芸能人のブログって(何十人も見て確認したわけじゃないけど)、なんで行間がスゴイ空いてる人が多いの?
しかも文章が断片的。
これじゃパブリシティ記事書いてもらおうにも

「***使ってま~す」

「かわいい~(* ̄∇ ̄*)」

「すごい気に入ってます」

ぐらいで、しかもそれぞれ4~5行行間空けて終わりそう。
Ameba芸能人・有名人ブログを眺めてたらこっちのほう(行間の超無駄な空き)が気になってしまいました。
まとめてGoogleのパンダに喰わせたいぐらいです。

(2012.12.24追伸)
「アメーバブログで、同じ日に「プラつぶ」のエントリが大量投稿…「またステマか!?」とネットで物議・・・って情報が出ました。
「プラつぶ」のブログ記事検索結果 | Ameba(アメーバ) 芸能人・有名人ブログ
やっぱりこういう具体的な記事を指摘しないとね。
「メーカーの方に貰ったので感想を書きます」みたいに堂々と言えれば「パブリシティ」なのに、それを隠すとステマになってしまう。
こういう記事がいっせいに出る点で不自然なわけですが、タイミング悪すぎ。

(2012.12.28追記)
参考:Ameba芸能人・有名人ブログMediaGuide

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。