ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

「Yahoo!ズバリ予想」が、2013年4月で終わっちゃいますね。

2013年03月05日 · カテゴリ:Webサービス関係

2007年8月から続いた「Yahoo!ズバリ予想」が、2013年4月で終わっちゃいますね。
1月にもYahoo!ドライブが4年と半年余りで終わってしまって残念という記事を書きましたが、Yahoo!ズバリ予想も私はサッカーのジャンルでヒマつぶしに遊んでたので、残念です。
それに、今回は引き継ぐサービスもなさそうです。

Yahoo! ズバリ予想は、2013年4月24日(水)をもちまして終了します(2013/3/1)
(以下抜粋)
Yahoo! ズバリ予想は、2013年4月24日(水)をもちまして社内で検討いたしました結果終了させていただきます。

終了の要因は・・・やはりアクセス数の伸び悩みじゃないでしょうか。
そもそもこのサイトは、参加者が毎日訪問してスポーツやダウ平均や外為レートなどの予想を、ヨソポというポイントを賭けて遊ぶだけのサイトで、ヤフーからすれば単にYahoo!プロモーション広告の媒体としての位置づけしかないものと推察されます。

広告媒体であれば当然、アクセス数(露出回数)やクリック率が求められるわけですが、そのあたりに費用対効果で(社内で検討した結果)見切りをつけられたのでしょうか。

ズバリ予想への参加者数は(私のMyページにある下記の数字を見ると)、570,699人とあり、当然、休眠している参加者も一定率いるでしょう。

yosopo

またサイトの特性上、特定の参加者は賭けや賭けた結果を見るためにアクセスはするでしょうけれど、知恵袋のように参加していない方も集まるとか、検索結果にHITするようなサービスのサイトではないのは明らか。

そう考えると、休眠含めて57万人の常連さんがアクセスするサイトであり通りすがり系のユーザーが見込めないわけで、そこに表示される広告のクリック率、コンバージョン率はかなり悪いはずですよね。
Yahoo!プロモーション広告に限りませんが、アフィリエイトリンクや広告を本人がクリックするとは思えませんし、そういった収益の伸び悩みは背景にあったのだろうとは察しがつきます。

逆に、「常連さんだけじゃないアクセスが望める」「検索結果にもHITする」「利便性がある」という意味では、「Yahoo!知恵袋」などは成功例なのでしょうね。コンテンツファームっぽい面やステマもチラホラありますが、広告媒体としたらすごい価値を持ったサイトなのでしょう。たとえ「教えて!goo(OKWeb)」の2番煎じと言われようとも。

ま、ヤフーにとって知恵袋=お宝サイトであるという意味では、ヤフーは品質維持の努力というか、例えばステマや荒らしに対してもう少し監視の目を光らせるといった必要があるように思います。余計なおせっかいですが。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。