ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

news-us.jpに「不正なソフトウェアが存在する可能性があります」の警告。

2013年03月05日 · カテゴリ:Webサービス関係, スパム関連(主にサイト)

(2013.03.06追記)
昨日の警告はどこへやら。本日確認するとGoogle検索結果の警告や、Google Chromeの警告はきれいに消えていました。
ただ、昨日は毎日JPやオリコンなど、広範囲にこの警告によるGoogleのブロックが発生していたとのことです。
調べると、「ORICON STYLE」「毎日.jp」「マイナビニュース」「COMPUTER WORLD」「はちま起稿」「暇人速報」「フラッシュゲームまとめブログ」他。
なにやら一部の広告コードが「不正なソフトウェア」として認識されていた模様とかです。

ときどき読んでるやまもといちろうBLOGですが、私のような素人は絶対近寄ってはいけないような、超危険な油の香りのする記事はきちんと避けながら、比較的あぶなくなさそうな、フジテレビに馬鹿が誤爆うんぬんの記事あたりを読んでいたのですが・・。
そこ(馬鹿が誤爆)にも危険な落とし穴のようなリンク(news-us.jpのリンク)がありました。

下記はGoogle Chromeで「news-us.jp」へアクセスした際の表示で、まあ数か月に1回は見かける珍しくもないGoogleの警告メッセージではありますが。

news-usjp

警告: 不正なソフトウェアが存在する可能性があります
www.news-us.jp には不正なソフトウェアが含まれています。このサイトにアクセスすると、パソコンがウイルスに感染するおそれがあります。

警告画面にあった「セーフ ブラウジング」のリンクをクリックして進むと

www.news-us.jp の現在の状況
現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。
過去 90 日間に、このサイトの一部で不審な動きが 1 回検出されています。

Google がこのサイトを巡回したときの状況
このサイトで過去 90 日間に Google がテストした 346 ページのうち 2 ページで、ユーザーの同意なしに不正なソフトウェアがダウンロードされ、インストールされていたことが判明しました。Google が最後にこのサイトを巡回したのは 2013-03-04 で、このサイトで不審なコンテンツが最後に検出されたのは 2013-02-27 です。

どうやら昨日Googleがサイトを巡回した時には「疑わしくない」ということでしょうけれど、今日時点でGoogleさんの「喪」が明けてないというか、Googleで「news-us.jp」を検索した結果にも「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。」が出まくっています。
ただし、リンクやURL入力で当該サイトにアクセスした場合、その情報を表示してアクセスしないように警告するのはGoogle Chromeだけのようで、残念ながらGoogle Chrome以外の私のPCにあるIE、Firefox、Safariではスルーしてしまいました。

で、さきほど(IE、Firefox、Safariで見る前に)aguse.jpで見たところ、マルウェアは発見されませんでした。
その際、aguse.jpがキャプチャーしてくれた画面は下記。

imgex

www.news-us.jp自体がここにも書けないような過激なサイト名だし、ググると掲載記事も超排他的民族主義なものや、吉祥寺であった未成年による殺人事件の実名暴露(ホントかどうかは知りません)記事など、非常にコワイ感じなのですが・・・。
たまたま見たnews-us.jpに対する過去の批判記事(ブログ)には、「マルウェアが仕込んであるので注意」と書かれていて、それがホントならサイト管理者が何か仕込んだのでしょうけど、もしくは(敵が多そうなので)外部から仕込まれた?
ますます「君子危うきに・・」の心境になりました。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。