ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

パソコンのウインドウの選択が勝手に(頻繁に)外れるという現象の件。

2013年03月12日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

説明しづらいのですが、例えばメール文を打っている最中は、メール作成画面を選択している状態ですが、それが数秒から10数秒程度で勝手にはずれてしまう現象です。つまりマウスでメール作成画面の外をクリックした感じ。
入力操作中、数秒から10数秒程度後に突然打てなくなって、再度マウスで画面を選択しなおさなければならず、かなり煩わしいです。

いままでも、時々メールを作成中に新着メールのお知らせがPOPして入力が中断される程度で、特に気にしたことはなかったのですが、ここ数日間悩まされている現象(数秒から10数秒程度で選択が外れる)は、本当にキーボード入力がしずらいわけです。

同じような現象の人がいるのかと思いググると・・・意外に多く、知恵袋などでも結構ありました。
おおむね原因として挙げられていたのは、「常駐ソフトが影響(原因)」「スパイウェアが原因」「マウスの不具合」ということのようです。

私のPC(Windows7)は買い替えてまだ2か月弱で、最近新しいソフトを入れていませんし、ウインドウの選択が外れるという現象はここ1週間ぐらい前からです。そのため、まずはウイルススキャンとスパイウェアのスキャンをしてみましたが、直らず。

次に外付けしている古いマウス、キーボード、マルチモニタの接続を外して様子をみてみましたが、直らず。

で、結局は「常駐ソフト」が怪しいということでスタートアップのソフトをチェックしました。

やったことは(私はWindows7ですので)スタートボタンの「プログラムとファイルの検索」でmsconfig.exeを探し、起動。

msconfig

XPで言えば「ファイル名を指定して実行」の欄にmsconfig.exeと打って起動となります。
起動するとシステム構成ユーティリティ画面が出ますので、「スタートアップ」のタブをクリック。

startup

スタートアップメニューの中から不必要と思われるソフトを少しずつ外しては再起動を繰り返して確かめます。
停止するとヤバいプログラムもあるので慎重さが必要です。

私の場合は、Intel関係とMicrosoft関係は危なそうなので避けてやってみました。
外した順に書くと、まず「Adobe関係」と無料のメンテナンスソフト「Advanced SystemCare 6」と、製造元が「不明」となっている「Div media Server」「 DivX Update」「Dell Quickset」を外してみましたが、微妙に改善した(選択が外れる時間が伸びた)感があるものの、直らず。

次に「Java(TM) Platform SE Auto Updater 2.0」を外してみました。
これも改善した感があるものの、直らず。
次にWebカメラの「Webcam central」を外してみましたが、変化が不明。

(修正追記)
最後にGoogle Chromeが同じコマンド、同じレジストリ場所で3つあったのでそれを外してみましたが、どうやっても1つは復活してしまいます。コマンドに–no-startup-window とあったのでちょっと調べましたが、

起動時にchromeウインドウが開かれず、タスクトレイに格納されます。
バックグラウンド属性のアドオンのみを動かしたい時などに用いられます。
レジストリのRUNキーにこのオプション付でchrome.exeを登録することで、ログオン時にそのアドオン(のみ)を自動起動させる、といったような使い方があります。

ん~。なんでしょうね??
あと、レジストリクリーナーをかけたとき、閉じているGoogle Chromeのプラグインソフトが起動中で「強制終了しますか?」と聞いてきたため、プラグインがまるで常駐っぽく動いているのが気になってました。そこでChromeの詳細設定でGoogle Chrome を閉じた際に「バックグラウンド アプリの処理を続行する」というデフォルトでチェックされていた項目を外してみました。いまのところ特に影響なさそうですが、もし何かあるようなら追記でご報告します。
(修正追記ここまで)

結局、どれが原因と突き止められなかったのですが、現状はだいぶ気にならないぐらい画面の選択が保てています。

スタートアップメニューからソフトを外すというのは、立ち上がりの遅くなったWindows XPの場合はよくやる手段ですが、重要なプログラムもあるので慎重さが必要です。
ご参考にされる方はあくまで自己責任でお願いします。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。