ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

日経新聞の「過剰リンク削除急ぐ」という記事は、とりあえず”日経にしては”よかった。

2013年08月06日 · カテゴリ:スパム関連(主にサイト)

日経新聞という新聞メディアにしては1つのエポック的な記事なんでしょうか。
SEO(検索エンジン最適化策)的な話題が新聞メディアに取り上げられること自体、めずらしく思いました。
過去まともに見えたのは、(新聞じゃないですが)2007年にNHK特集でGoogleが取り上げられて、検索エンジンの上位表示にまつわる米国のSEO業者の実態がレポートされた番組がありましたが、ネット関係でツッコんだ取材と思えたのはせいぜいそれくらいかなぁ。

企業、過剰リンク削除急ぐ
グーグルのルール改訂余波 検索順位対策、逆効果に
2013/8/5付日本経済新聞 朝刊
企業の間で、外部のブログなどに載せてもらった自社サイトへの過剰なリンクを削除する動きが急増している。米グーグルが検索エンジンのプログラムを変更し、無意味なリンクが多いサイトは順位が下がるようにしたためだ。
(以下省略)

詳しくは8/5朝刊を、もしくは日経IDとってユーザー限定ページへというところであるけれど、私は日経ID持ってるんでネットで読みました。
それはそうと、メジャーな新聞がこういったSEOのような分野の記事を載せるのは初めてじゃないでしょうか。
SEOに限らず、ネットの関係で新聞沙汰になるのは、詐欺関係か政治関係ばかり。
以前、
決済代行業者J社の知恵袋書き込み代行ビジネス。
というタイトルで記事にしたことがありまして、その決済代行業者を朝日新聞が取材し、めずらしく社会面の記事に取り上げたことがありました。新事業としてステマを売り込んでいた会社は紙面では匿名のままでしたが、やはり新聞沙汰になったのが致命傷だったのか、その会社はステマ事業から撤退したようです。

そもそも新聞社関係はネットに対しては知識もツッコミも薄弱で、ネット業界からすれば常識の範疇でも、おおむね基本的な知識不足を露呈しているのは確か。
上記の朝日新聞のスティルスマーケティングのやらせ(ユーザーを騙った宣伝)の取材記事も単発の記事で、ネットで炎上後しばらくたっていたと記憶しています。その他、芸能人のぺニオク宣伝にしても、常にタイミングが1歩も2歩も遅れていたり、ツッコミが浅い気がします。

まあそれはともかく、日経の記事の見出しの
企業、過剰リンク削除急ぐ
グーグルのルール改訂余波 検索順位対策、逆効果に

ですが、記事にもあるとおり、Googleのペンギンアップデートに関するもので、過剰なリンクとは「不自然なリンク」であることは明白。
ワードサラダのようなリンクファームだったり、やらせ記事やコピペ案件(リンクが大量に埋め込まれた文章をブログ記事として掲載するサービス)のような行為によってつくられた被リンクを言っているわけですが、おおむね一般読者に「こんな世界があるよ」と教える記事レベル。

日経新聞だから、まあそれでいいんですけど。

過剰リンクとは具体的になにを指すのか、検索順位対策とは、Googleのアルゴリズム(被リンクの評価)、それを逆手にとった検索エンジンスパムやブラックハットSEO、そしてGoogleのルールってww(とりあえずペンギンアップデート)についてとか、やっぱり複数回のシリーズで追及してほしかったなあ。
たぶん単純に「あーそういうワケのわからん世界があるんだなー」で終わっちゃうんでしょうね。

どうせなら、先般livedoor Blog ヘルプセンターが公表したワードサラダやリンクファームの例とか、ぜひそのモラルの欠如した行為やバカさ加減(大衆を愚弄した行為)に言及してほしかったとも思います。

実際、ワードサラダを使ったリンクファームの事例はいくらでもあります。
例えば、http://174.36.229.219/ とか。
このサイトを所有している会社はわからないですが、SEOを依頼した(過剰リンクの削除もしていない)マヌケな会社はリンク先を見ればわかります。

ま、マスメディアにはあまり期待はしていないし、知識もツッコミも薄弱という趣旨を言いましたが、やはり新聞やTVのチカラは絶大なんで、今後も少しはネットの暗部にもメスを入れて取材してほしいものです。
ただし、ミイラ取りがミイラに、じゃないですが、中途半端な取材や下調べ不足で結果的にブラック企業の広告塔になることだけは避けてほしいところです。昨年だったかネオヒルズ族をTVに登場させている番組がありましたが、(ネオヒルズ族をブラックとは言いませんが)その錬金術のカラクリを知っていれば、TV番組側も手を出すべきではなかったと思いますよ。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。