ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

不正アプリ事件と出会えない系サイト詐欺の件(雑感)。

2013年10月17日 · カテゴリ:スパム関連(主にメール)

先月(2013.09.25)、スマホの電池を長持ちさせるアプリと称し、インストールすると電話帳のデータが抜き取られる不正なアプリ(電池革命)の摘発があり、その流れで昨日(2013.10.16)出会い系詐欺が摘発を受けました。

「電池革命」で電話帳データ抜き取り スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警(産経ニュース)
(以下抜粋引用)
 昨年7月から、アプリを30万円で購入した立石容疑者らが、出会い系サイト運営会社で所有していた約6億5千万件のメールアドレスから無作為にスパムメールを送り、アプリをインストールさせていたという。

スパムメールの情報を鵜呑みにして(電池を長持ちさせる機能が欲しくて)アプリをダウンロードした方も被害者に変わりはないですが、その電話帳データにあった方々こそ100%被害者で迷惑な話。

で、その電話帳データにあった方々に送信されたのが下記の出会い系。

サクラ利用“出会えない”系サイト…1000万円支払った客も 会社社長ら逮捕(産経新聞)
(以下抜粋引用)
 出会い系サイトで「サクラ」とやり取りさせ、料金をだまし取ったとして、京都府警と大分県警の合同捜査班は16日、詐欺の疑いで、大分県別府市の出会い系サイト運営会社「ラパン」の元会長、同市駅前町の立石正彰容疑者(59)=不正指令電磁的記録保管・同供用容疑で逮捕、処分保留で釈放=ら3人を再逮捕、同社社長の佐伯照美容疑者(62)=同市鶴見=ら3人を逮捕した。

バッサリ抜粋しちゃいましたので上記の引用文にはないですが、気になった記事のキーワードを拾ってみました。

【夫に先立たれた女性です】
ここ数年の出会い系詐欺は「ン千万受け取ってください」という金銭系の嘘か、「アイドルの悩みを聞いてあげてください」のような芸能ミーハー系のものばかりかと思っていましたが、ストレートに”女性と出会える”という基本的な訴求もまだ生きていたんですね。
複数の記事に被害者の一例としてわざわざ「大阪府高槻市の男性(74)」とありましたが、マスコミに若干「いい歳して」という意思を感じました。異性との出会いを求めることに年齢は関係ないわけで、74歳で出会い系のお誘いに乗ってしまうというのは単純にネットリテラシー不足ということなんじゃないでしょうか。

余談ですが、ギネスブック公認だった人類の世界最長寿の泉重千代さんが、好みの女性はと問われて「年上の人」と言ったとか。(冗談です)

【36億件のメールアドレス】
赤ん坊からお爺ちゃんお婆ちゃんまで合わせて日本の人口は1億2,760万人(2012年)なので、国民1人当たり28.2個のメアドを持っていることになるわけですが・・・ホント?
どーでもいい話ですが、事件の記事では”延べ”36億件とあるので、不正アプリで得たメアドについてはいちいち重複チェックなどはしていないんでしょうね。

【課金した利用者は約5,600人、売上約8億4千万円】
不正取得したメアドの数に比べて5,600人の利用者という点では、かなり確率は低いようで、良い傾向かと思います。
で、売上約8億4千万円と言うことは、単純に1人あたり15万円の売り上げ(被害額)ってことですね。1千万円以上を支払った利用者もいたとあるので大多数は15万円以下の被害だったのでしょうけれど、サクラとの楽しい会話で終わってしまったということで、ご愁傷さまです。

ただ、昨年の投稿記事、
高確率すぎる、AKB48メンバーを騙った出会い系(逮捕済)の件。
にも書きましたが、騙したほうが当然悪いのですが、騙されるほう(被害者)が後を絶たないってことも、この詐欺商売が絶えない一因かと。

やはり無作為に送り付けられたメールの情報は無視すべきで、不特定多数への迷惑(スパム)メールは内容を問わず相手にするなと強く思います。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。