ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

今さらですが「Ping送信」はまだ効果あるのかと思いつつ、送信サーバリストを更新してみた。

2013年10月19日 · カテゴリ:Webサービス関係

ふと「Ping送信」に関する話題を目にすることがなくなったな、と思いました。
FC2やSeesaaでブログをやってた頃は、初期設定でPingサーバを追加してましたし、このWordpressでも送信エラーを見ては削ってたりしていましたが、もう数年ほったらかし状態になっていたため、サーバリストを見直して更新してみました。

あ、その前にPing送信ってナニ?と思われる方もいるかと思いますが、説明が面倒なのでFC2ヘルプから引用しちゃいますが、

Ping(ピン/ピング)というサイトの更新情報を発信・通知する仕組みです。
ブログを更新すると、「更新Ping」と呼ばれる通知が、設定した宛先に送信されます。
ブログの更新Pingを受信するのは「Pingサーバ」で、国内外に大小いくつものサービスがあります。
これらのサービスは世界中からブログの更新Pingを収拾して、ニュース・情報のポータルサイトのように、それらを掲載しています。
自由にPingを送信することができますが、登録が必要なサービスもあります。
Pingを発信しておけば、ブログの更新が掲載されるので、アクセスアップにつながる宣伝効果が期待できます。

・・・です。
送られる内容は、記事のタイトル、URL、概要などですが、それで直接ユーザーが増えるわけではなく、クローラーを呼び寄せるのが目的で、間接的にはSEOの効果があると言われていました。いや、過去形で言ってはいけないでしょうけどPingサーバ自体は減ってますね。

ただ、効果が薄くなったんじゃない?と思いながらも、藁をもつかむ心境と申しましょうか、パンダアップデートで検索エンジンからの流入が激減してますので、とりあえすPingサーバの追加設定はそのままで行こうと思います。

さて、続けるならそれなりに定期的なチェックも必要です。
もともとPingサーバはよく停止(廃止)やURLの変更がされるので、1年に1回ぐらいはエラーログを見てクリーニングしたほうがいいようです。

私はこのWordpressでは、Smart Update Pingerというプラグインを使っています。
Smart Update PingerはPingサーバごとに送信成功かエラー(失敗)かの送信ログを見せてくれるので、Pingサーバリストから送信失敗したサーバの削除(クリーニング)は簡単です。
(下記はSmart Update Pingerの設定画面)

SmartUpdatePinger

ただしこのプラグインを入れると、新規投稿時のみ自動送信となり、過去の記事の更新時は送信してくれません。これを入れなければ(Wordpressの基本機能として)過去記事の更新の際も送信するようです。
プラグインの、送信しすぎてスパム認定されないように、といった配慮でしょうか。

とりあえず、ググって最新のPingサーバを探して設定に加え、手動でPing送信をしてみたら20%程度が失敗していました。
しばらくクリーニングしてなかったので、ま、そんなもんでしょう。

結果、2013年10月18日現在、送信に成功したPingサーバは下記でした。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://blog-search.net/up.php
http://hamham.info/blog/xmlrpc/
http://hamo-search.com/ping.php
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.blogoon.net/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://www.bloglines.com/ping
http://www.blogpeople.net/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.i-learn.jp/ping/
http://xping.pubsub.com/ping/

Ping送信サーバの見直しを最近されていない方、そもそもPingサーバはデフォルトのままの方は、上記リストを参考にしていただくとウレシイです。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。