ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

外付けHDDのFAT32フォーマットと、ファイルの(更新されない)タイムスタンプについて。

2013年12月04日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

10月に500GB容量の外付けのHDD(ハードディスク)で、USB3.0(MacはUSB2.0)接続のポータブルなタイプを複数台買ってきました。

BuffaloHD

国内最薄とありますが、確かに薄いです。
本来、そんなに持ち運びをしないなら、もっと頑丈そうなものを選ぶのですが、あちこち郵送する必要があったため薄いタイプを選びました。

これを使って約3万枚・総容量2TB弱の画像(TIF)の加工処理を先月、在宅スタッフらに依頼していたのですが、手配先のOS、バージョンがバラバラだったため、フォーマットはWindowsとMac双方で読み書きできるFAT32を選びました。

で、つい最近加工が終わって手元にHDDがすべて戻ってきたので、まとめて最終加工をしていたのですが、FAT32で困ったことが1つ。

私はWindows7なので内蔵HDDのファイルシステムはNTFSですが、FAT32のHDDをつないで加工をしても、ファイルののタイムスタンプが変わらないのです。
Macに接続して作業しても、(日付はMacから見て変わっているのですが)Windowsに繋ぎなおしてみたら、やはり変わってませんでした。

格納されている画像ファイル(写真)そのものは2012年から2013年撮影なのに、なぜ?
内蔵HDDに持ち込んで作業をして、外付けHDDに戻しても更新日時が変更されません。
ただし、Macにつないでみると、更新日は変更後の日時でした。

不思議です。

ググりましたが、NTFSの内蔵HDD:FAT32の外付HDDでは、更新日時の仕様が違うため、ファイルのタイムスタンプは変更されないとのことでした。
(Macでなぜ更新日時が見えるのかは調べきれませんでした)

最後は(NTFSが読めないLINUXの)サーバに接続して、中身をコピーする予定のHDDのため、LINUXも読めるFAT32のまま我慢して加工作業を続けるしかないようです。

(外付けHDDの備忘録)
・FAT32はWindowsとMac双方で読み書き可能。
※NTFSのWindowsPCではタイムスタンプが更新されない。
・NTFSはWindowsで読み書き可能だが、Macでは読めても書き込み不可。
※Windowsは7(VistaもOK)、Macは10.6.8(10.6.5以上)であればexFATを選択することも可能。
なお、MacでNTFSが読み書きできるようになる便利ツールはあるようです。

追伸
Macで画像加工作業後にWindowsに持ってくると、ファイル数が増えてる!?・・ということもウザい現象ですね。
Macでは見れないファイルですが、_.DS_Storeというファイルを筆頭に、
._.com.apple.timemachine.donotpresent
.com.apple.timemachine.donotpresent
._.Trashes
.fseventsd(フォルダ)
.Spotlight-V100(フォルダ)
.Trashes(フォルダ)
「._(ドット+アンダーバー)」のついたファイル群など。

基本的には(Macから離れてしまえば)不要なので削除しています。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

2 Responses to “外付けHDDのFAT32フォーマットと、ファイルの(更新されない)タイムスタンプについて。”

  1. とおりすがり より:

    記事ありがとうございます。
    分かったので助かりました。

  2. dame3212 より:

    駄文ですがお役に立ててなによりです。

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。