ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

EC-CUBEのテスト環境を、ロリポップのロリポプランで作ったという話。

2014年06月19日 · カテゴリ:EC-CUBEの話

初めに、EC-CUBEというのはオープンソース(無料)の通販用CMSです。
オープンソースというだけあって、無料ですが、なにかカスタマイズするとなると、ググって先輩諸氏の情報を頼りにするか、いっそ有料でEC-CUBEのパートナー会社に依頼するかといったことにもなります。

で、ご多聞に漏れず私も先輩諸氏の情報を頼りに数サイト、EC-CUBEの構築をしておりますが、ホントちょっとしたことでハマるわけです。

先日も、小さなECサイトを作るにあたって、某仮想サーバ(VPS)にEC-CUBE (Ver.2.13.1)を入れたあと、以前購入しておいたデザインテンプレートをサイトに適用したところ、おおむねはOKだったのですが、購入したデザインテンプレートが最新のEC-CUBEのバージョンに対応していなかったせいでエラーがあり、その修復に苦労しました。

エラーは、会員登録(入力)をして確認画面にいくと、入力値がArrayと表示される現象で、いろいろ調べたのです修復できず、
一生懸命会員登録のテンプレート
/html/data/Smarty/templates/購入テンプレート/frontparts/form_personal_input.tpl
を、エラーの出ないデフォルトのテンプレート
/html/data/Smarty/templates/default/frontparts/form_personal_input.tpl
に置き換えたりしたのですが、よくよく考えれば確認画面がおかしいわけで、確認画面は
/html/data/Smarty/templates/購入テンプレート/entry/confirm.tpl
なので、それをデフォルトの
/html/data/Smarty/templates/default/entry/confirm.tpl
に置き換えて修正できました。

ま、そんなレアケースな苦労話はいいとして。

本サイトでリリース間近ということもあって、派手にページを壊しながらテストすることもできなかったため、テスト環境をロリポのロリポプランに作って、そこにEC-CUBE(6/18現在の最新バージョン2.13.2)を入れ、なんだかんだと前述のようにいじった結果、ようやく解決いたしました。

確かに本番サーバと同じ仕様・環境ではないですが、ロリポプランだと、税別で初期費用が1,500円、ご利用料金がたったの300円(1か月契約)で、容量も50GBついてます。
もちろん独自ドメインも独自SSLも(アクセス制限した秘密のテスト環境なので)設定しませんでした。

また、EC-CUBEだけじゃなく、WordPressやMovableTypeも簡単インストールなので、それらのテスト環境にもなりますし、アクセス制限も掛けられて、ちょうどいいんじゃないでしょうか。

そんなにロリポのステマのように宣伝するなら、いっそテスト環境ではなく、ロリポプランで本番サイトを勧めたら?

いやいや。
いくらっ小さなECサイトでも本番サーバとしてはちょっとダメでしょうね。
ドメインとって、SSL証明とってとなると、やはり最低月3,000円レベルのVPSがいいんじゃないでしょうか。
本番サーバにするなら、メアドがブラックリストになっている確率の高い共用サーバではなくて、独立したVPSのほうが安全で処理速度も速いと思います。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。