ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

マッチポンプな茶番劇で(悪質な出会い系に誘う)詐欺メールの件。

2014年07月31日 · カテゴリ:スパム関連(主にメール)

くだらない話ですが、昨日、出会い系被害者救済協会 <info@dnpb3feg2.com>という迷惑なヤツから、長いメールタイトルで、

■■”代理人弁護士 田中聡志”という方からの通知の件■■「損害賠償金だけでなく、【犯罪者】の烙印を押されてしまう危険があります!」 1448*****
(以下本文)
「代理人弁護士 田中聡志」という方から連絡が来ておりませんか?
その問題から貴方様をお救いする為に我々はご連絡しております。

※メール本文はこちら※
http://2frhzn7z.asia/as/member/message/Message-reply.html?pp=*
(ID部分は宛先メアド識別があると思うので省略)
民事訴訟問題、並びに刑事告訴の危険に現在貴方様は晒されています。
個人情報の流出が原因で、このような事態となっている可能性が御座います。
上記URLより本文をご確認、折り返しご連絡下さい。

という迷惑メールが届きました。
訴えられそうな私を救ってくれるお助けマン(出会い系被害者救済協会)ですね。
でも、メール本文のURLは、出会い系サイトで、要は悪質な出会い系へのお誘いってことです。

そのメールの数分後、代理人弁護士 田中聡志 <satoshi_tanaka@jp-communication.co>と名乗る輩から

【損害賠償及び慰謝料請求に伴う民事訴訟、並びに刑事告訴についてのご連絡。】
(以下メール本文)
通知人 中村 祐希
上記通知人代理人弁護士 田中 聡志

当職は、通知人中村祐希氏より委任を受けた代理人として、貴殿(当通知受信メールアドレス所有者)に以下の通りお知らせ致します。

通知人は、出会い系サイトにて貴殿とのメールのやり取りをされ、待ち合わせの約束をしたにも関わらず、幾度となく直前に断り、音信不通によるキャンセルを受けております。
また、メールでのやり取りでは、暴力的な発言や金銭の要求、通知人を精神的に追い詰めるような発言をされており、通知人は多大なる精神的苦痛を受けております。

内容及び貴殿身元確認は、当該出会い系サイト及び関係各所よりの情報開示を受け既に確認済みとなっております。

上記の事から、通知人は貴殿に対し、貴殿の行動により消費したポイント代金、交通費等の損害賠償金及び、やり取りによる精神的苦痛に対する慰謝料請求の為、民事訴訟を起こす準備をしている事をお知らせ致します。
また、通知人が所持する証拠資料を捜査機関へ提供し、被害届提出及び刑事告訴も検討しております。

【詐欺罪】及び【傷害罪】にて立件される可能性がある事をご理解下さい。
その場合、「10年以下の懲役」及び「15年以下の懲役又は50万円以下の罰金」または、【併合罪】となる可能性もあります。

改めて、正式な書面を持ちご連絡させて頂きます。その為、当職からのメールの拒否、及びメールアドレスの変更をされないようお願い致します。
万が一そのような事となった場合、故意に逃走を図ろうとしたと判断し、速やかに被害届の提出及び、刑事告訴へと移らせて頂きます。

尚、今後通知人に対する連絡等は全て当職宛として頂き、通知人には直接連絡をされないよう、くれぐれもご注意下さい。

以上

なるほど。
これで訴える役の弁護士と、さきほどのお助けマンの役(出会い系被害者救済協会)の役者がそろったというわけですね。
そこで救済協会は
「個人情報の流出で、あなたは濡れ衣を着させられているでしょうけれど、放置すると損害賠償金だけでなく、【犯罪者】の烙印を押されてしまう危険がありますよ。だからまずは救済協会に連絡を!」という、なかなかの茶番劇です。

しかしまあ、これって先日のB社の2070万件の顧客情報漏えいも背景にしてるんでしょうか。
日頃はこんな詐欺メールをしない方の中には、たまたま情報流出された被害者だったりすると、「もしや」と思ってしまうかも知れません。

なお、上記の2つのメールは(メールヘッダを見ると)どちらも同じ出会い系サイトのPostfix(メールサーバソフト)から送られて来ていましたww。
弁護士が出会い系サイトのメールを業務で使うなんて、おおらかな、いや馬鹿げた話ですが、詐欺師もそんなところに細心の神経使うより、確率論で数万人に1人、引っかかれば御の字なのでしょう。
ただ、騙される(=儲けさせる)ことで彼らの悪行が繰り返されるという意味では、受け取った方も安易に出会い系で連絡を試みたりしないで欲しいと願うばかりです。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。