ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

もしブログに歌詞を載せたらいくらかかるか、の話。

2014年09月27日 · カテゴリ:ブログ・SNS関連

先日、所要でJASRAC(渋谷区)に出かけました。
所要の中身は仕事の関係で言えませんが、著作権関係の利用料の計算で不明な点があったので、問い合わせさせてもらいつつ資料も頂きに出向いた次第です。

で、今回のお題はその資料にあった、ほんの一部の情報をもとにしたものですが、「もしブログに歌詞を載せたらいくらかかるか」です。

別に私がブログに歌詞を載せたいわけじゃないですが、たまたま(たぶん無断で)J-POPの歌詞を載せているブログを見かけたので、お題にしてみました、

一応、前提として、

  • その楽曲(歌詞)が国内のもので、JASRACが著作権の管理をしている作品。
  • 個人が営利を目的とせずに利用する。
    情報料や広告収入を得ていないこと、ということになりますが、個人でも会社の事業主が企業紹介をしているというだけで商用配信とみなされます。
  • 画像化された歌詞(テキストデータとして保存できない)

めでたく(?)個人ブログの非商用配信用だからといっても、タダでは済みません。
上記の条件で言うと、同時に送信(公表)している楽曲10曲ごとの年額使用料は10,000円。1年に満たない場合は月額1,000円。
10曲に満たない場合は1曲あたり年額1,200円。1年に満たなければ月額150円という計算ですね。

また非営利の教育機関ですと、費用は上記個人の2倍計算でした。

ちなみに、楽曲配信の情報料や会費などを得ていないけれど、会社や社長ブログとか、広告活動をしていることで商用配信と認定されてしまうような場合はどうなるかというと、

広告料収入なしの場合:1曲1リクエストあたり2.8円×リクエスト回数。
広告料収入ありの場合:1曲1リクエストあたり3.2円×リクエスト回数。

だそうで、どちらも月額使用料が5,000円に満たない場合は、月5,000円となります。
月5,000円も痛いですが、月間のアクセス数が多いと結構な金額になりそうです。

その他、音楽著作物利用許諾書や、3か月ごとの利用曲目の報告(データ提出)など、手続きが面倒というか、ある意味そこまでして歌詞(著作物)を配信するとすれば、よっぽどのワケ(目的)のある場合なんでしょうね。

今回、お題は「歌詞」だけについて書きましたが、著作物の利用方法が複雑化してその規定も難解なせいか、誤解も多い気がします。

例えば非商用の個人のブログだからといって45秒以内なら(JASRAC管理の)音楽を流せると誤解している人とか。
「試聴」で使用料が免除されるのは、有料の音楽配信で(販促のために)サンプルとして無料で配信されるものでなければならす、それ以外は「試聴」と認められず使用料が課されます。

なお、もし私の書いた情報に誤解があるようなら(やさしく)ご指摘ください。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。