「資格情報を記憶する」をホントに記憶させる方法。

記事を書き終わった後にこのテの話について検索してみると、対処法としては氾濫していて今さらなネタでした(笑)でもせっかくなので没にはしません。

Windows7ユーザーに多いと思いますが、LAN上のファイルサーバ等のユーザー設定を変更したときなどに、以前は最初のログインだけユーザー名とパスワードを打ち込めば、2回目以降はログインを求められなかったのに、設定変更後は毎度ログインを求められてウザいという現象を相談されました。

要は下記のログイン画面にある「資格情報を記憶する」チェックボックスでは解決できず、戸惑うわけです。
記憶できないんだったらそんなチェックボックスつけるなよ、と言いたいところですが・・。

windows-security

じゃあどうすれば、ということですが、まずは上記の画面は無視でOKで、やらなければならないことは下記。

コントロールパネル>資格情報マネージャーと進み、そこに毎度ログインを求められるサーバの資格情報の詳細を見ると、常設という項目が「ログオンセッション」になっているはずです。

shikaku0

「ログオンセッション」では毎度PCを立ち上げるたびに毎度ログインを求めてくるので、ここ(常設)が「エンタープライズ」にしないとホントに記憶してくれません。
ただしその下にある「編集」を押しても修正できないので、ここはアッサリと「資格情報コンテナを削除」します。

その上で、「Windows資格情報の追加」を選び、追加します。
その設定で「ログオンセッション」の部分が「エンタープライズ」になっていたら、ホントに記憶されたことになります。

shikaku1

ただ、某・親切な対処が書かれていたWebサイトでは、ユーザー名に「ネットワークアドレス¥ユーザー名」の形式で書くことがポイントといったことが書かれていたのですが、自分のPCの接続状況では「ユーザー名」だけで登録しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。