ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

なんとも不便なレンタルサーバの請求書払い。

2015年06月09日 · カテゴリ:仕事ネタ

すでにVPS(仮想専用サーバ)を何台も契約しているサーバ会社なのですが、先日VPSをさらに1台、請求書発行払い(銀行又はコンビニ等で振込)で申し込みました。

申し込んだのが6/2。
請求書が到着したのが6/8。
振込み期限が6/16。

月の半ばの15日と月末に振込業務があるのですが、すでに15日は予定済みで間に合わず。
よってメールにて、サポートに「指定された振込み期限は間に合わないので、月末に振り込む」旨のメールを出したのですが、サポートの返事は・・

お手元のご請求書(請求書番号:XXXXXXXX)は、お支払期限の2015年06月16日を過ぎますと、コンビニエンスストアでのお取り扱いができません。

郵便局ではお支払いただけますが、ご利用店舗によってはお手続きに7~10営業日程度必要となる場合があります。
(中略)
このままお支払がございません場合、お申し込みいただいたサービスは2015年06月23日に自動的にキャンセルとなります。

という連絡をいただきました。
(頂いたメールの主語・述語が変でしたので一部修正)

結局は6/30の振り込みにしたければ、再度申込みをしてくれということでした。
ん~。
急ぎのときはカード決済で申し込んでしまうのですが、緊急でもないので(法人の場合)通常は請求書で支払いたいものです。

ただ、6/2に申し込んで、請求書が6/8に到着して、振込み期限が6/16というのは余裕がなさすぎな感もあります。

サーバ屋さんの初期設定作業は入金確認後でいいのですが、できれば申込み後、すぐに請求書(PDF)がダウンロードできるとか、振込日を指定できるとかの機能が欲しいところです。

上記の例は「さくらインターネット」さんですが、他のいくつか利用しているレンタルサーバさんも同様だったように思います。

スモールビジネスに使いそうなレンタルサーバ、VPS、専用サーバを直接借りるなんてケース(ニーズ)は、一般的な大手企業ではないでしょうし、経理的にも小回りの利く零細・中小企業が中心だから、そういった支払条件でもOKなんでしょうか。

ただ、サーバ屋さんのサービスもそれほど各社に違いが明確にあるわけでもなく、似たようなスペックで同様なサーバが同様な料金で並んでいるのですから、そういった支払条件にも配慮があるとか、申し込みやすいといった点も1つの差別化でしょうしそういった改善もぜひしてほしいところです。

(追伸)
経理担当に、再度申込みをして6/30振込み期限の請求書を受け取るという話をしたら、「それも面倒でしょうから」と、イレギュラー対応で6/16振り込みの対応をしてくれることになりましたが、「さくら」さん、なんとか善処してほしいものです。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。