2015年11月12or13日のWindowsアップデートの「KB3097877」がWin7に影響。

2015年11月12or13日のWindowsアップデートでセキュリティ更新プログラム「KB3097877」が、あちこちで悪さをしているようです。

私の場合、PowerPoint2010が立ち上がらない現象。
これは何度か試してみて、再起動をしたりして、なぜか1時間後に立ちあがるようになりました。
その後、暫くPowerPointで作業をしていて、別のパワポのファイルを立ち上げたとき、パワポが死にました・・・。
途中自動保存で少し助かったものの、痛い目に遭いました。それからはこまめに保存していますが、いまのところ問題なく動いています。
更新プログラム「KB3097877」はいまだにインストールされたままですけど。

また、別のWindows7のPCでは、インストールしていたCanonの名刺プリンタのソフトImageCreate (イメージクリエイト)が立ち上がらないという現象が発生しました。

これは自然治癒(?)しなかったため、
スタート>コントロールパネル>プログラム>プログラムと機能>インストールされた更新プログラム
と進み、(インストール日を表示するようにして)直近のプログラム順にソートしてセキュリティ更新プログラム「KB3097877」を選択し、アンインストールしました。

windowsupdate

アンインストールには数分かかりましたが、その後Canonの名刺プリンタのソフトImageCreateは無事立ち上がりました。
これでダメなら
スタート>すべてのプログラム>アクセサリ>システムツール>システムの復元
で、Windowsアップデート前に戻るしかないと思っていましたが、とりあえず「KB3097877」の削除だけですみました。

あと、その日は朝、最初のWindows7の起動時、ログイン画面が出る前に「修復中」が出るユーザーも1人いましたが、これは「修復する」で暫く時間がかかりましたが、それだけで済んだようです。

いずれにしてもMicroSoftのWindowsアップデートが影響して既存のソフトが立ち上がらなくなった場合は、直近のセキュリティ更新プログラムを削除してみるか、システムの復元でアップデート前に戻るのがよいと思います。

ま、「各自の責任において」ですけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。