ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

企業名の新gTLD(トップレベルドメイン)についての雑感。

2016年05月19日 · カテゴリ:雑記

先日(2016.05.16)のニュースで
キヤノン専用トップレベルドメイン「.canon」登場、グローバルサイト運用開始

という記事がネットにありました。

記事にあるCanon Global(global.canon)は下記。
canon

ちょっとカッコいいです。

ほかに日本の企業名のドメインは?と思い、ICANNのサイトでざっと確認してみると、
「.JCB」「.CANON」「.GMO」「.DNP」「.NIKON」「.SHARP」「.HONDA」「.NISSAN」「.SUZUKI」「.TOYOTA」「.RICOH」「.NEC」などは、日本企業のものでしょう。

ただ現状、実際に企業名ドメインでサイト展開しているのは前述のCANONと、「ドットDNP ~本と写真の未来を体験しよう。~」(plaza.dnp)ぐらいでしょうか。

で、そもそもこの「企業名ドメイン」ってなんだっけと調べたら、「.GMO」ドメインもしっかり持っているGMOグループの、GMOブライツコンサルティング(株)のサイトがありました。

GMO[新gTLD]
(以下抜粋引用)
企業が保有するブランドネームを文字列とする新gTLD(,pTLD(p=英語の「Proprietary:独占所有権のある」)とも呼ばれています)の申請も、オープン申請に当たります。オープン申請には、さらにオープン型とクローズ型の2つがあり、前者はセカンドレベルドメインを一般人にも登録させるタイプ、後者は社内など限定された範囲のみで使用するタイプとなります。

企業名ドメインにもオープン型(一般開放型)ってのが一応あるんですね。
ただ、いくつか無作為に確認すると、
例えばソニー(.sony)には

‘.sony’ is a closed top-level domain name for the sole and exclusive use of Sony Corporation.

キヤノン(.canon)にも

The Internet domain “.canon,” which can only be used by the Canon Group, is a top-level domain that is located in the right-most side of web addresses (URLs).

さらには スズキ株式会社(.suzuki)にも

.suzuki is a Top Level Domain for Suzuki Motor Corporation.

自社グループ以外は使わせない旨、書いてますね。

しかしJCBやCANONならともかく、SUZUKIやTOYOTAなんて名字にも地名にもあるわけで、それでも当該企業が排他的に独占できるということも知りませんでした。

まあ、多分、経営不振に陥っているシャープはともかく、グローバルで大手の安定した企業でないと申請できないんでしょうけれど、JALやANA、JTB、TDKなどもすればいいんじゃないの?とも思います。

そもそも企業が独占するドメインなので一般市民の自分にはそのドメインの選択権もないし、そういう意味で私ら一般人にはあまり関心が薄い話だとは思いますが、もし企業名のついたオープン型ってのが出てくれば世間の関心も高まるように思います。

オープン型は申請種類にはあるだけですが、TDL(もしくはDisney)などが一般開放型で申請してしまえばファンも喜ぶように思いますが、どうなんでしょうね。

とりとめもない雑感を書きましたが、そんなことを思った次第です。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。