ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

Chromeでフォーム入力のSubmit後、セッションエラー(?)が出る件。

2016年05月31日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

Chromeでフォーム入力のSubmit後、セッションが切れたかのようなエラーが頻発していました。
リファラ的にも不正な遷移もしていないし、正しく入力し、正しく更新、または送信ボタンを押したのに、何故?

初めはさくらインターネットのコントロールパネルで気付きましたが、なにかサーバの設定変更をブラウザを介してしようとするとコンパネの再ログインを求められるとか、某サイトの問い合せでフォームを入力し、確認画面までは問題ないのですが、いざ送信を押すと「できませんでした」のエラーメッセージになってしまう現象でした。

さくらインターネットさんに聞くと、

・お手元のコンピュータの時刻と現在時刻に30分以上の開きがある
・サーバコントロールパネルの画面を開いたまま30分以上操作されない場合
・ウェブブラウザのセキュリティ設定においてクッキー、JavaScriptを無効にしている

とかのケースを教えてもらいましたが、実はどれも該当せず。

結論から言うと、Chromeのプラグインで入れている機能の1つが原因でした。
私が入れている機能拡張は
・Google 翻訳
・HTMLエラーチェッカー
・User-Agent Selector
・Full Page Screen Capture
などですが、一旦全部有効チェックを外し、1つ1つ復活させてゆくと、「HTMLエラーチェッカー」というWeb制作には非常に便利なChrome拡張のオプション(自動チェックの有効)でした。

ただ私にとっては「え、またコレ?」というものでして、実は先月(2016.04.12)に書いた記事
アクセスログのテストで先読み系の機能拡張に閉口した件
でも同じプラグインが原因でした。

とはいえ、このプラグインには感謝こそすれ、恨み(?)は全くなく、オプション(自動チェックの有効)が原因でしたので、そのオプションをオフにして使い続けています。

プラグイン

ま、あまりにもレアケースな話ですが。
ブラウザの機能拡張(プラグイン)がChromeでフォームのあるページで悪さをする事例もあるという意味で、セッション切れのような動作不良を起こした場合は、入れているChrome拡張を一旦無効化して、1つ1つ有効化して犯人捜しをしてみるというのもアリかと思います。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。