パンダアップデートから回復したと言えるかも・・・。(少々弱腰)

2012年11月中旬に、いままで平均1日380から400オーバー程度だった検索エンジンからの流入が激減し、おおよそ500ほどだった1日のユニークユーザー数も160~200/日程度の低空飛行となりました。

参考:まさかパンダ?と少し心配になってるアクセスの低下。(2012/11/22)

その後、しばらくユニークユーザー数も200台/日の半ばから後半を漂っていました。
それが、4年経って、検索エンジンからの流入が300~400台までに回復し、平日のユニークユーザーが1日600程度と増えてきています。

これは、ひょっとして、パンダアップデートで落ちた評価が、ようやく戻ってきたってこと?

それとも2012年に比べで、スマートフォンとかタブレットのユーザーが純増したってこと?
いや、2012年ならスマホのユーザーは既に多かったわけで、せいぜいタブレットが微増している程度。

なら、やっぱり回復したことになるのでしょうか。

微妙です。

そもそも2012年の11月にガクッと極端に、誰にもわるほど落ちたのだから、回復するときもわかりやすく、急にババーンと回復してほしいものです。

とりあえず、今後検索エンジンからの流入がどうなっていくのか、様子を見たいと思います。
確信がもてるようならアナリティクスのデータを追記します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。