ついに日本でも行動ターゲティング広告、Yahooアドパートナー)が始まる。


(FC2で表記の年月日に書いた記事です)
CNET Japanの12/13記事「ヤフー、行動ターゲティング広告配信システムを個人サイトに提供」によると・・

(以下引用)
ヤフーは12月13日、サイトやブログを運営する個人、法人向けに、行動ターゲティング広告を配信するサービス「アドパートナー」を公開した。同日より利用登録の受け付けを開始し、17日より広告を配信する。サイト運営者はYahoo! JAPANのアカウントを利用してアドパートナーの利用登録をし、自身のサイトに広告を掲載する。広告の閲覧数などに応じて報酬が支払われる仕組み。

・・・ということで、ついに、日本でも始まりますね。
「行動ターゲティング広告」というのは、アドセンスやブレイナーのような、サイトのキーワードにあわせた広告を掲載するコンテンツマッチ広告と違い、ユーザーの趣味にマッチした広告が表示されます。※基本はページ閲覧数で報酬が発生。

この「行動ターゲティング広告」ってどんな広告が表示されているのか、閲覧者本人しか見ることができないわけで、自分をYAHOOがどう分析しているのか、見てみたい気がします。

この広告表示のシステムは掲載を希望するブログやサイトのアドスペースに、(そこのブログやサイトのコンテンツに関係なく)アクセスしたユーザーの行動(検索や閲覧行動)を分析して、ユーザーマッチとして表示する広告をコントロールします。

例えば、私のサイトがYAHOOの「アドパートナー」に参加していたとして、化粧品の検索とか化粧品のメーカーサイトとかを見ていたA子さんが、このブログにくれば、広告は資生堂とかカネボウとかが表示されるだろうし、株投資家のB氏がA子さんと同じ時間に同じブログを見ていたとしても広告は○△証券の広告が表示されている、ということになります。

ということは、10人10色のため、自分のブログでテーマやキーワードを意識して文章を書いたりしても、直接は広告と関係なくなるということになりますね。
しかし「直接は関係ない」としても、やはり競馬のコンテンツを充実させれば競馬ファンがアクセスしてきますし、その競馬ファンに見せる広告は競馬関係となる、という意味では、全然関係ないとまでは否定できません。そのほか(YAHOOがやるかどうかわかりませんが)アクセス者のIPアドレスを判断して「ようこそA大学の皆さん」とバナーを出し、リクルート広告を出したり、ログで性別を判断し、男女別々の広告を出すなんてことも現実可能でしょう。

ただあまりやりすぎると?問題かも。
たまたま会社の上司からWebの講座の資料が欲しいといわれ、複数の学校へ請求したら毎日のようにメールとハガキと電話が私宛に・・・。人には自分の属性に関係ない、そんな「たまたま」だってあるわけですから、自分のプロファイリングを初期化する機能がないと、ある意味迷惑です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。