2008年の記録:モバイルアドセンスの携帯サイトの作り方。


(記録として残しておきます)
モバイル用アドセンスを携帯サイトに設定(貼る)するのは、意外に情報が少ないことに気がつきました。
知りたいのはどこのどんなサービスを使えばアドセンスに対応した携帯サイトが(安く)作れるのか、なのですが、情報が少ないです。

無料のFC2ブログやFC2Webのサービスは、とも思いましたが、FC2はブログも携帯もFC2ホームページまでも、CGIやPHPが使えません。
モバイルアドセンスはPCのWebページと違って静的HTMLには貼れないのです。

アドセンスの設定ページにも書いてありました。

(以下引用)
モバイル コンテンツ向け AdSense にはサーバー サイドのスクリプトが必要となります。このスクリプトは、JavaScript によるクライアント サイドのスクリプトとは異なり、ほとんどのモバイル ブラウザやウェブページでサポートされていません。 Google のプログラム ポリシーに従っているモバイル ウェブページであれば、指定したサーバー サイド スクリプト言語で AdSense コードを貼り付けることができます。

次のスクリプト言語のみをサポートしております。

* PHP v4.3.0 以降
* CGI/Perl v5.8 以降
* JSP v1.2 以降
* ASP v3.0 以降

そう。ちょっと敷居が高かったわけです。
そこで、初めはケータイブログのASPで探していたのですが・・ありませんでした。
とことん探せばあるのかも知れませんが、ググっても「モブログ」(携帯で投稿できるブログ)だったりして、なかなかありません。

結局、ブログはあきらめ、普通のレンタルサーバに携帯ページを作ることに決め、安くてPHPが使えるところをさがしました。

今日は、そのサイトにXHMLで携帯用ページをUPしたところです。
ページは、「モバイルアドセンス、テスト中」と書いてアドセンスの記述を貼り、拡張子をphpに変えた単純なものです。

広告表示は2日後ぐらいらしいので、いまのところなにも表示されていません。

うまくいったら、改めて携帯サイトの紹介もかねて、アドセンスの貼り方などをご紹介していきたいと思います。

(2008年1月14日追記)
休日を利用して昨日、仮に立ち上げた携帯サイトにコンテンツを載せ、合計9Pほど作ってみました。その後、Googleのサイトインデックスの再登録やYAHOO!の「検索エンジン用ロボットの巡回先への推薦」、アクセスログASPへの登録など、一通り終らせました。

しかし・・まだサイトにアドセンスの広告は表示されていません。
ひょっとするとなにかアドセンスの記述ミスをしていて表示失敗しているのかも知れません。

さて、いずれにしても私の「モバイルアドセンス」の開始環境を書いておこうと思います。

まずはモバイルサイト。
私がモバイルサイトを作ったのは、
ナウでヤングなレンタルサーバー「ロリポップ!レンタルサーバー」です。
宣伝するつもりはないのですが、安いこと、PHPが使えるということで決めました。
「独自ドメインプラン」「サブドメインプラン」どちらもPHPはOKです。

(以下アドセンスのHELP記事)
モバイル ウェブサイトは PHP や ASP といったサーバー サイドのスクリプトを使用して開発します。 PHP は多くのウェブ ホスティングプロバイダでサポートされており、多くの場合はファイル拡張子を .htm から .php に変更するだけでウェブページを PHP に対応させることができます。

ただし、なかなかすんなりとは行かないのがモバイルアドセンス。
まずは、サーバ契約後、アドセンスのことは忘れてせっせとXHTMLでコンテンツを作りました。
XHTMLに詳しくない方は、PCで見れるケータイのページに行って、まずは自分の作りたい構造に近いソースをコピーさせてもらうのも1つの手だと思います。

できれば1行目に下記のような宣言がきちんと書かれているサイトが良いでしょう。

<?xml version=”1.0″ encoding=”shift_jis”?>
<!doctype html public “-//w3c//dtd xhtml basic 1.0//en”
“http://www.w3.org/tr/xhtml-basic10.dtd”>

(2008年1月18日追記)
さて、昨夜から今日にかけて調べたところによると、どうやらモバイルアドセンスの情報不足で、様々なトラブルがあるようです。

私も今朝まで知らなかったのですが、今日時点で、まだDocomoのケータイでは表示されないようです。
その理由として、携帯の固体識別番号が、Docomomだけはうまく取得できないということで、不正アクセスを検知できないからのようです。ドコモのシミュレーターで表示は確認できているのに実機では表示されていないのは、今しばらくAdsenseの改善を待つしかなさそうです。
たぶん、AUとSOFTBANKでは表示されているのでしょう。

あと、いろいろエラー情報を入手しましたので、書き記しておきます。

まず、多いのがXTMLに関係する下記の事例。
Xhtml だと、ファイルの最初にxml宣言がありますが、この宣言は <?xml …. ?> という書き方でPHP宣言とかぶってしまいます。そのためAdsenseのタグを入れるページに関してはXMLの宣言(例はshift_jis)
<?xml version=”1.0″ encoding=”shift_jis”?>
とあるところを
<?php echo “<?xml version=\”1.0\” encoding=\”Shift_JIS\”?>”; ?>
というように書きます。

さて次にパーミッションです。
通常FTPでHTMLファイルをアップロードすると、パーミッション644あたりになります。
これでは実行権がないので、FTPの機能でパーミッションは705か755に書き換えます。

そのほか、文字エンコードの選択ミス。
「UTF-8」「Shift_JIS」はご自身のサイトのWebページがなにで書かれているのか、一度確認してください。
アドセンスの広告タグ取得時に、文字エンコードがわからなくて『自動検出』を選んでしまう方もいるかも知れませんが文字化けする場合は文字エンコードをきちんと調べるか、ためしに「Shift_JIS」「UTF-8」「EUC-JP」を指定してみるのもいいと思います。

あと、表示エラーというよりアドセンスのタグ取得エラーになるかと思いますが、私の経験でいうとなぜか広告のchannelのIDが抜けたまま2日間、貼ってました。
つまり、値抜け。

$GLOBALS[‘google’][‘channel’]=”;

本当は下記の****の部分に自分のchannelのIDがないといけないはずです。

$GLOBALS[‘google’][‘channel’]=’**********’;

もちろん再取得しましたが(汗)

ざっとエラー情報を書きましたが、すんなり表示できている方は、知らなくていい情報だったかも知れません。では、ご健闘をお祈りしています。

下記にまとめたページがあります。こちらもどうぞ。
モバイルアドセンスができる携帯サイトを作る(まとめ)

(2008年5月追記)
NTTドコモでも2008年5月1日より個体識別番号が送出されるようになりドコモも表示になったそうです。

http://adsense-ja.blogspot.com/2008/05/adsense.html

つまり、個体識別番号を送出しないドコモケータイでは、モバイルAdsense広告が表示されないという致命傷があったので、それが解決されてとりあえずヨカッタって感じでしょうか。

あとはその制限のために広告出稿を手控えていた企業が増えれば、ようやくモバイルAdsenseも活発になるように思います。
とりあえず、手元の古いdocomo(なんとmova!)でケータイサイトを見ると・・

だいたい5割ぐらいのページでナビタイムの広告が表示されてます。
そして3割ぐらい英語の広告がなぜかチラホラ、あとは非表示状態。
まあこんなもんでしょう。

やはりまだ広告の絶対数が少なく、もし表示されてもコンテンツにミスマッチな広告しか表示されない(=クリック率が悪い)という状況を生み出しているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。