ブログパーツにひそむ、NoScriptタグ内のスパム行為について。


ブログパーツを考えているクライアントとの話の中で、NoScriptタグ内の外部リンク記述について話題になりました。意外に知らないスタッフが多かったので、過去にも投稿した話題ですが、もう一度。

ブログツールをブログに貼ってもらう際、「このソースをコピーしてブログに貼ってください」という記述の中には、そのパーツを提供するサイトへのリンクや、そのサイトが契約を結んでいる広告リンクがあったりします。

それらのリンクが基本的にブラウザ上で確認できる場合、不快であればパーツを貼らなければいいわけです。
ブラウザがデフォルト設定(Javascriptが有効)では見えないところ(noscriptタグ内)に、そのパーツ提供会社のリンクがあるのも、Javascriptを無効にしているアクセスユーザー対応としてはアリでしょう。

問題は、パーツ提供会社以外のリンクがブログユーザーの知らないところで(承認もしくは説明なしに)セットされている場合です。

HTMLのソースを見てもよくわからない方は、下記のスパムチェッカーなどで見ても参考になるかもです。
スパムチェッカー http://www.seotaisaku.com/seoplus/spamchecker.html

NoScript内のスパム行為例を書いておきます。

下記はネットで拾ってきたソースです。一部、*でマスクしています。
ブラウザで見れない状態で、SEOの会社、FX、不動産担保ローン、ゴルフ会員権のサイトにリンクを提供しています。

<script type=”text/javascript”src=”http://accesscatcher.blogrepo.net/js/blogrepo/*******/1.js”>
</script>
<noscript>
<img src=”http://accesscatcher.blogrepo.net/blogrepo/in.gif?sid=**********” border=”0″ width=”1″ height=”1″>
<a target=”_blank” href=”http://www.seo-solution.jp/” target=”_blank”><img src=”http://accesscatcher.com/point.gif” alt=”SEO” width=”1″ height=”1″ border=”0″></a>
<a target=”_blank” href=”http://www.njt-fx.jp/” target=”_blank”><img src=”http://accesscatcher.com/point.gif” alt=”FX” width=”1″ height=”1″ border=”0″></a>
<a target=”_blank” href=”http://www.traderssec.com/” target=”_blank”><img src=”http://accesscatcher.com/point.gif” alt=”FX” width=”1″ height=”1″ border=”0″></a>
<a target=”_blank” href=”http://www.e-nippo.com/” target=”_blank”><img src=”http://accesscatcher.com/point.gif” alt=”不動産担保ローン” width=”1″ height=”1″ border=”0″></a>
<a target=”_blank” href=”http://www.1net.co.jp/” target=”_blank”><img src=”http://accesscatcher.com/point.gif” alt=”ゴルフ会員権” width=”1″ height=”1″ border=”0″></a>
</noscript>

ブラウザのJavascriptを無効にすれば見れるのがnoscriptタグ内ですが、天地左右1ピクセルの画像へリンクさせていますので、人に見せるものではなく、完全に検索ロボット対策(被リンク稼ぎ)だけのスパム行為です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。