Google Slap(グーグルスラップ)は広告主へのペナルティ。


以前からこのブログでは、大手企業が隠れ蓑のような会社を使ったMfA(Made for Adsense)、MfO(Made for Overture)に関して何度も記事を書いてきました。
ただ、こういった利ざやかせぎは、大手でなくても出来てしまいます。
※但しオーバーチュア広告の自サイトへの表示は、月間アクセス数の高い条件があるので個人サイトは難しいと思います。
そういった個人でもできてしまう「利ざや稼ぎのサイト」側のノウハウというのは、今まで特に意識していなかったのですが、Google Slap(グーグルスラップ)で検索すると意外にそういったノウハウがヒットします。

Google Slapとは(誰の文章がオリジナルなのか、わからないので拾ってまとめると)
Adwords広告主に対して数十円だったクリック単価がイキナリ1,200円になったりする処置(=ペナルティ)とのことです。広告主に事実上広告出稿をできなくさせる施策のようですが、そのペナルティの主な理由がMfA。有益なコンテンツの乏しいサイト(ランディングページ)と判断されたら、もはやアカウントを変更を余儀なくされるようで、アドセンスのアカウント剥奪となんだか似てます。
こちらにもGoogle Slapにあわないための記事がありました。

(抜粋引用)
グーグル アドワーズ ラボ
Googleはアフィリエイトが嫌いなの?

ここで問題なのが、価値のない1ページ&1リンクだけのページが、大量に存在していることです。
このPPCアフィリエイター達がやっていることは、安くクリックを買って、それを高く売るという、クリックのトレードです。
これがGoogleが嫌うことです。アフィリエイトを嫌っているわけではありません。
それでは、どうすればアドワーズを使って問題なくアフィリエイトが出来るようになるのか…
それを解決する鍵はコンテンツです。
(後略)

まあ確かに。
MfAかどうかの判断基準はそこ。有益な情報があるのかないのか。

ワキガだ包茎だのと広告しておいて、いざ行ってみればただのリンク集。目的のリンクがどこにあるのかもわからないなんてサイトは、ぜひSlap(ビンタ)の刑にしてもらいたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。