ぱんぱんミュージック売却の話。(旧題:「月100万PVでも儲けるのは難しい」というマネタイズの話。)


今まで自分は「ビジネスモデルの確立」とか「ビジネスモデル化」とか、ちょっとぎこちなく使ってた言葉ですが、ふと昨日のニュースで気づいたこと。

マネタイズ。

あーそうか。そっちの言葉のほうが的を射ているような気がしました。
どうもこういうコトバに弱くて(苦笑)。

で、昨日のニュースのほうは、ITmedia Newsの

月100万PVの“音ゲー”サイト、譲渡先をヤフオクで募集 「マネタイズの方法分からなかった」
“音ゲー”を作って公開できる「ぱんぱんミュージック」の譲渡に関する優先交渉権を、開発元がヤフオクに出品した。「マネタイズの方法が分からなかった」ため譲渡を決めたという。

月間ページビューが100万超だそうで、それでも著作権料やサーバ代、運営費などが広告費で賄えなかったようですね。

というか、パッと見、広告が見当たらないというか、メインの下に小さくiTunes Store(Japan)って文字がリンクシェアのアフィリエイトぐらいしか、私には見つけられませんでした。

それに気になったのは、月間ページビューが100万超と言ってるけど、ここ(ユードー)の南雲社長サンのブログにあるログのチャートを見ると、600~700人/日の訪問者数。これが1日あたりのユニークアクセスなんでしょうね。
なんだか数字の整合性が取れていないように思います。
月間ページビューが100万超であれば1日のユニークユーザーは3万人ぐらい居ないと無理でしょう。
ユニークアクセス1日600~700人まで落ちているなら、もうあまり価値はないように思います。

上記の売り出した南雲社長サンのブログから抜粋。

で、ボクらは0を1にすることは大好きですが、1を99にすることの大切さも知ってまして、たくさん遊んで貰っているのであれば、ぱんぱんを育てられる方や活用できる方ににお願いしたほうが良い、とも思ってます。

なるほど。クリエイター気質です。あとは育てるのが上手いところに任せるってことですね。

(2013.02.08追伸)
その後、どうなったかというと・・こんなTwitterを見かけました。

現在、http://pan2music.net/は、あぶないリンクを持ったサイトにリダイレクトされていました。
買ってはみたものの、やっぱりダメだったってことですね。
マネタイズに失敗するネット事業は、結構多いようです。


ぱんぱんミュージック売却の話。(旧題:「月100万PVでも儲けるのは難しい」というマネタイズの話。)” への2件のフィードバック

  1. このページとはPVではなくて恐らくHit Numberではないかと思います。レポートから単純計算すると1人あたりのPVは67ページ位になり、ページ滞在時間が30秒くらいだとしても1人あたり30分以上利用している計算になり、現実的ではありません。またGoogle Adplannnerの計測値を調べてみましたが、計測不能となっており、おそらく、本当のPVは数万前後しかなかったのではないかと思う次第です。数万PVであれば個人のブログサイトと同じでAdsenseを入れても広告収益は上げられず、広告収益がでなかったという社長のコメントにも合致します。80万で売れたみたいですが、おそらく、開発コストは取り返したのではないでしょうか?

  2. 花太郎さんコメントありがとう。
    私も「なんだか1人あたりのページビューがめちゃくちゃ多い感じ」と書きましたが、やっぱりPVの数値は現実的ではないですね。

    しかし80万ですか。
    情報ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。