痛いブルーリボン運動 (北朝鮮拉致問題)のドメイン失効。


NGO R-NET(ブルーリボン運動)というのがあって、北朝鮮に拉致された日本人を救出する市民ネットワークというらしいのですが、運動そのものにはここでなにも言うことはありません。
ただ、どうもサイトがgeocities.co.jpにあったり、www.rnet.gr.jpにいったりしているのですが、いまは下記なのでしょうか?
http://mid.parfe.jp/kannyo/sukuukai/bule-libon/blue-ribbonn.html

それはともかく、拉致被害者救出の社会運動として、rnet.gr.jpは少なからずバックリンクを受けていたはずですが、残念ながら2010.03.09より大阪FP事務所という組織名が登録して
くりっく365で賢く儲ける~FXクリック365-大手5社を徹底比較~(www.rnet.gr.jp)
というサイトになっています。

おかげで、神道日本党という人に、民主党の森ゆうこ参議院議員が、ブルーリボン運動(R-NET)のFLASHバナーを公式サイトに貼っていたのをWeb魚拓にとられて(魚拓:森ゆうこ公式サイト)、
そのうえで、その神道日本党という人のTwittewr

日本の恥!こんなに卑しいヤカラに票を入れた有権者の皆さん!自分の見識の低さに気がつきましたか?民主党議員公式サイトhttp://j.mp/eKlDgI左下にある『拉致を許しません!』をクリックすると投資の広告ページに跳びアフィリエイト収入を稼いでいた!最近削除! 00:33

なんて突っこまれてヤヤコシイことになっちゃうわけで・・。

神道日本党のいう「森ゆうこ参議院議員がアフィリエイト収入を稼いでいた」というのは(早とちりか悪意かはわかりませんが)大きな間違いで、リンクも単純ですし、その先のFXのサイトを経営しているようにも思えません。あくまでこれはrnet.gr.jpが失効し、それをハイエナ的に取得した「大阪FP事務所」がFXのサイトに作り変えていて、それに気付かなかっただけ、と見るのが自然でしょう。

ともあれ、NGO R-NETがrnet.gr.jpドメインを捨てたのか、失効したのかはわかりませんが、いままで多くのリンクをバナーで貼ることをお願いしておきながら、ドメインやURLをコロコロ変えてそのまま放置してしまっては、リンク元に迷惑かけてしまいます。
実際に多くのリンクを集めていたわけですから、「ちょっとそれはないんじゃない?」とツッコミ入れたくもなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。