Firefoxに覚えこませたパスワードを確認する方法。


1つ前の記事で「だんだんFirefoxが嫌いになりそう」って書いたけど、先般ちょっと助かった機能が1つありました。
ブラウザに覚えこませたパスワードが「●●●●●」って感じでマスクされていますが、ながい間、それに頼っていると、なんだっけ?て忘れてしまいます。

それを確認できること。

逆にいえば、他人にPCを貸したり無断で使われたりした場合、サイト名とIDとパスワードを知られてしまう危険がある、という両刃の刃な機能ですがww。

確認方法は、Firefoxを開き、ツール>オプション>セキュリティと進み、「保存されているパスワード」をクリック。

すると、保存されているパスワードの一覧が出ますので、「パスワードを表示する」をクリック。

サイトの欄にはサイト名だけで、認証するページのURLまでは表示されません。
まあ詳細にURLまであったらあまりにも危険すぎて、いくら自分専用のPCでもさすがに覚えさせることはしませんが、困ったときには便利かと思った次第。

(2013.08.08追記)
「Google Chromeに保存したパスワードが丸見えに、開発者が問題指摘」というニュースをITMediaで見かけました。

バグでもなければ大発見でもないし、なにをいまさら感、ありありですが。

Chromeは、設定>詳細設定を表示>パスワードとフォームの項にある「保存したパスワードの管理」をクリックすると、下記の画面がでます。

chrome1

この時点ではマスクされていますが、さらに特定の行をクリックすると、「表示」というアイコンが出て、それを押すとパスワードが見られます。

chrome2

その意味では、Firefoxと同じレベル。
マスターパスワードぐらいは設定できて、パスワード表示に至る過程でそれを入力しないと見られないぐらいのセキュリティ機能は欲しいところです。

そうは言ってもその機能がないのだから、やはり最も危険なのは、パスワードを見ることができる機能の存在=リスクを知らないこと、でしょうね。

スクリーンセーバーやスリープからの復帰時にパスワードを求めてこない設定を許している会社は少ないとは思いますが、PCを開いたまま離席することのリスク(怖さ)を知っているのと知らないのでは大きな違いということかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。