ソフトバンク 通信速度制限の「快適モード」の設定は要注意。


知人から、ソフトバンクから送られてきたメールの件で、「これ、スパムじゃないよね?」とメール転送を受けました。

どんなメールかというと・・

<ソフトバンクより>
通信速度が低速になっています。

通常速度に戻す方法
●「快適モード」に変更する
https://my.softbank.jp/msb/d/webLink/doSend/xxxxxxxx
●「制限モード」のまま通常速度に戻す
https://my.softbank.jp/msb/d/webLink/doSend/xxxxxxxx
※追加されたデータは翌請求月末までご利用いただけます。

あまりにあっさりしているのと、料金のことが書かれていませんでしたので、コワくてクリックできないとのことでした。

知人に代わりに見てみると・・・
まず契約条件が、
「2013年9月19日までにiPhone 5を購入し、4G LTE定額プログラム(7GBを超えた場合の通信速度制限なし)をご利用いただいている方が対象」
とのこと。

パケット(通信量)の制限の条件としては、直近3日間(当日は含まない)で約1GB以上の通信量となると、当日午前6時から翌日午前6時まで制御がかかるとのこと。

その費用として、「快適モード」に変更というのは追加データを1,000円/1Gで自動購入する設定で、通信速度が低速化しないモード。

「制限モード」のまま通常速度に戻す、というのは1回ずつ追加データを1,000円/1Gで購入するモードのこと。

ソフトバンクのページの説明画像を転載させていただきます。

fig_graf

上記のような感じですね。

「快適モード」は自動追加で請求されるため、自動購入上限回数:1回~10回、無制限とはあるものの、無制限などに設定していたら、いつのまにか請求額が想定外に増えると思います。

ネット銀行などで、クレジットカードの引き落しや振り込みに、残高不足の場合は自動的に融資をしてくれるサービスがありますが、それがもし無制限だと積り積もっていつのまにか借金地獄となりますが、それと似た感じでブレーキがかからずヤバい感じです。

知人に聞いたらHuLuをケータイでちょくちょく見ていたとのことで、「制限モードのままで少し我慢したら?」と言っておきました。

私もHuLuは会員でしたが、あの小さなスマートフォンの画面で映画やドラマを見ていることにちょっと驚きでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。