03-4540-4950や03-4588-1488、03-4588-9102に電話させようとする詐欺。


先日、MP4動画を音声ファイルに無料で変換してもらえるサイトを利用し終わったところで、下記の画面が突如表示されました。

うざいです。

よくあるパターンで、特に動画サービスのサイトに出てきますので、たぶん怪しいながらも割のいいアフィリエイトの広告主なのでしょう。

URLはamazonのAWSのサブドメイン(zz-554.s3.amazonaws.com)なので、独自に取得はしていないということですね。

ヤバくなったらあちこち移動しているのでしょう。

画面の中央に出るアラートの小さな画面は消しても消しても立ち上がってきます。

そのアラート画面の文章は下記。

zz-554.s3.amazonaws.comの内容
****コンピュータの再起動はなされないよう、お願いいたします。*+++
Windows “Zeusウイルスが検出され、ウイルス感染により、不正ファイルがお使いおコンピュータに改ざん行為を行っていることが示されています。個人情報の損失を防ぐため診断と修理が必要です。

“テクニカルサポートにご連絡ください。03-4540-4950。ご連絡の際には、エラーチケット番号をオペレータにお伝えください。WBCKL457。診断は無料です。”

“コンピュータの再起動はなさらないようお願いいたします。再起動により、データ損失やOS破損が発生します。”
迅速な問題解決のためのテクニカルサポートにご連絡ください。
——————————————–
“技術的問題のサポートはこちらへご連絡ください。03-4540-4950”
——————————————–

目を引いたのが東京03から始まる電話番号。

実はこの画面、先週にも遭遇しており、そのとき記録しておいた電話番号が03-4588-1488だったのですが、よく見ると今回は03-4540-4950でした。

電話を掛けると、相手はどのような次の一手を出すのか、そこが知りたいところです。

例えば、電話した人のPCにリモートデスクトップで入り込み、画面を消しつつ、新たな怪しいソフトをインストールして購入させるとか。

リモートデスクトップで、という手口は、国民生活センターが公表していた詐欺の例にもあったパターンですが、私も個人的に興味があって、休日の今日、散歩がてらに公衆電話から03-4588-1488に、ちょっとワクワクしながら掛けてみました。

騙されたふりをしてオドオドした態度で、どんな話ができるのか、期待に胸をふくらませて・・・。

すると、機械音が聞こえたあと、外国人女性の声で、流暢に英語で何やらメッセージが流れたあと、切れました。

「え、嘘!」

英語が早口で聞き取れなかったのですが、たぶん、公衆電話以外から掛けなおせというメッセージだったのかも知れません。

(3回掛けなおしたのですが英語が聞き取れませんでした)

うわー残念!わざわざ自宅から公衆電話のあるコンビニまで歩いて行ったのに・・・期待しすぎていただけに超がっかりでした。

詐欺の手先と話をしてみたかったです。

公衆電話ではなくて、ホントに自宅の電話やケータイの電話で、184をつけて発信してもよかったのですが、同じ結果だったかも知れません。

そこで、184をつけて電話掛けてみたいのですが、自宅では家族がいるので

「あのう・・・パソコンでインターネットしてたら、ウイルスが検出されたって画面が表示されたんですけど・・・」

などと演技して電話するのは、1人きりの時でないと掛けられないということでチャンスを待っている最中です(笑)

そんなことは置いといて、どうしてこういった電話番号が普通に詐欺に使われ、しかも意外に長く使われているのか不思議です。

どうせ契約者は偽称して申し込んでいるのでしょうけれど、とにかく相手は詐欺集団なので、03-4540-4950や03-4588-1488には相手に記録されてしまう電話で掛けてしまうことのないよう注意してほしいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。