ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

警告表示広告(ユーザーの不安を煽る広告手法)=詐欺広告という話。

2014年01月09日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

先日、下記の東京都消費生活総合センターの記事を読んでたのですが、

警告表示をして、セキュリティーソフトを購入させる詐欺広告に注意!!(2014.01.06)
警告表示は「詐欺広告」の可能性があります。実際にはシステムに問題がなくても警告を表示させてソフトを購入させる手口です。

詐欺広告表示の例
・「あなたのPCは修理が必要です。今すぐここをクリックしてください。」
・「システム内でスパイウェアが発見されました。」
・「お使いのPCがクラッシュ寸前です。」
・「PCのパフォーマンスが低下しています。ここをクリックしてエラーを修正してください。」
・「お使いのパソコンの性能が低下しています。」
・「ウィルスに感染しています。すぐに処置を行ってください。」
(後略)

フツーに考えても、ユーザーのPCのシステムファイルやレジストリなどを、アクセスしただけで自動チェックするようなWeb広告自体があり得ないわけで、あったら相当ヤバい事件です。
DLで購入させるソフトに関しては、私も「スパイウェアドクター」というソフトで、購入と思ったら年間利用料(毎年料金を口座から引き落とされるサブスクリプション契約)だったってことで昔、痛い目に遭った経験もあり、痛烈にコノヤロー的な記事を書きましたが、相変わらずPCに詳しくないユーザーはこういったソフトの標的ですね。

ま、セキュリティソフトに限らずレジストリ修復とか、Windows リペアツールといったソフトの広告で、パソコンにエラーが見つかったとか修復が必要とか、なにやらスキャンしているような進捗バーがFLASHやアニメーションGIFで動いていたりして、不安を煽る広告は時々見かけます。

昨日も、たまたまベトナムでやってるサッカー日本U19代表対ベトナムU19の試合のLive中継を某サイトで見てたのですが、画面の右に怪しい広告が出てました。

add

広告には、
「ディスクの空き容量低下」
「ディスクの空き容量が非常に下低してきています 空き容量を増やすには、Windowsエラーを修復する必要があります」

とのこと。
私のPCは空き容量100GB以上あるんですけどww。

こういったソフトは(性能に関係なく)ユーザーの不安を煽る広告手法をとっている時点で”アウト”でしょう。

ちなみにそのソフトはレジストリクリーナー系らしく、「Systweak RegClean Pro」というヤツです。
広告の先は下記サイト。
http://systweak.com/registrycleaner/marim2/1/
regcleanpro

このサイトには右上に「Microsoft Partner」とありますが、これも真偽は定かではありません。
このサイトでDLさせようとしているリペアツールの製品名(RegClean Pro)でググると、Yahoo!知恵袋で下記がヒットしました。

Systweak RegClean Proの広告がどうやっても消せません
質問者の記事を読む限り、オプトイン広告に付きまとわれているのか、ソフトのせいなのかはわかりませんが、やはり怪しいソフトのようです。

実際、詐欺広告とまではいかないまでも、インストールした後に削除できないとか、有料版にしつこく誘うアラートや広告が頻繁に出てくるとかの類も困りもの。

そもそも(ユーザーには必要ないのに)PCの動作環境のために絶対入れておくべきソフトなんて、キチンとしたアンチウイルス系のソフト以外、ないはず。
警告表示広告=詐欺広告という認識が必要かと思います。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。