ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

悪質な出会い系サイトと決済代行会社の関係について。

2014年06月06日 · カテゴリ:スパム関連(主にサイト)

世の中には明らかに詐欺な出会い系サイトがありますが、例えば-

「ご購入ありがとうございました」
ご注文日時:6月4日20時11分
ご注文品:魚介つけ麺セット 1ケース
    :プライムサービス 5か月分
代金:6340円
お支払い方法 振込用紙によるお振り込み。
万一、ご本人が覚えが無いなどの場合は下記のサイトから詳細をお伝えください。原則2営業日以内に担当から対応致します。

とか、

☆最新メッセージ☆朝倉 優様より
大事なお話をお伝えします。手数料を支払い、あなた様のご負担がないように手配致しました。【1億8000万円】のお渡しすることも確実にできると考えております。

といったメールを送ってきて、自らの出会い系サイトに誘導するものです。
魚介つけ麺セットを購入ありがとうってのはちょいと笑ってしまいましたがww。

上記の場合は、どちらもセーシェル共和国のAVANCER LIMITED社が運営している
From:PEACH(http://サブドメイン.1ckipkxsepon.asia/)というサイトでした。

peach

さて、不思議に思うのは記事タイトルにも書いた通り、決済代行会社はどうしてこんな会社と契約してしまったんだろうということ。
上記の「From:PEACH」を見ると、使っている決済代行会社は株式会社イーペイメントと株式会社ジー・エー・エムの2社。
イーペイメント社は銀行振込決済、ジー・エー・エム社はクレジットカード決済とBitCash決済、コンビニ決済で契約している模様。

いくらなんでもセーシェル共和国内の(聞いたこともないような)会社が決済代行会社の審査に通るとも思えないと思って決済代行会社のホームページを見たら、下記の記載がありました。

イーペイメント社は「海外法人でもご利用頂けるグローバル決済サービス」とあり、

海外法人、国内法人関係なく契約ができ、決済通貨も数多くご用意しておりますので、長期的な事業契約、海外展開にも対応いたします。

ジー・エー・エム社はホームページに「海外事業者様へのサービス提供」とあり、

弊社では積極的に国境を越えた契約への取り組みを行っております。現在では13ヶ国との取引実績がございますので、弊社であればスムーズに決済代行サービスの提供まで実現させていただきます。

なるほどね。

私の知る限り、決済代行会社は数多くありますが、意外に外国法人と契約できるところは少数派です。この2社はグローバルな対応が売りなんですね。

さて、その決済代行ですが、迷惑メール経由でサイトに行き、会員登録もしないまま銀行振込決済でポイント購入を申し込んだ場合、取り立てはどうなるんでしょうね。

下記は銀行振込決済でポイントを3000円分購入した画面。

peach2

一応、イーペイメント社の振り込み決済の説明を見ると、消費者からの振込金は「売上預り金」となり、それを加盟店に支払いしているようなので、立替払いで加盟店に払っているわけではなさそうです。

それでも振り込まないとイーペイメント社から督促メールが来るんでしょうか?
ちなみに私は会員登録していませんので、相手は迷惑メールを送りつけてきた際のメアドしか知られてませんけどww。

その後イーペイメント社からメールが来ました。

この度はイーペイメント決済サービスをご利用いただき、
誠に有難うございます。

以下の内容でお振込先の銀行口座に関する
申請手続きが完了しましたのでご連絡致します。

【ご注文内容について】
ご利用サイト : from peach
サイトURL : http://from-peach-mail.com
(中略)

ん?
私が銀行振込決済でポイント購入を申し込んだURLと違いますね。

アクセスしてみると見た目は同じサイトでしたが、大きな違いがありました。
前者の詐欺に使われているサイトの場合、私の属性(たぶんメアドと勝手なパスワード)が複雑なサブドメインに紐付けられているらしく、アクセスしただけでポイントを購入できるようになっていました。
後者の場合はポイントを購入するにはちゃんとメアド(ID)とパスワードが必要です。

ちなみに、私のところに来た詐欺メールの誘導先ですが、
1ckipkxsepon.asiaサーバの位置情報は、香港。
IPアドレスは103.248.76.53
1ckipkxsepon.asia のドメイン情報を見ると、登録者及び連絡先は、郵便番号で見ると千代田区の皇居、氏名はjunnji inagawa(イナガワジュンジ)氏でした。

上記の決済サービス会社にある
from-peach-mail.comサーバの位置情報は、フィリピン。
IPアドレスは202.147.28.111
from-peach-mail.com のドメイン情報を見ると、登録者及び連絡先は、新宿区片町。氏名はtakeo suzuki(スズキタケオ)氏。

運営会社は2サイトとも同じ、セーシェル共和国のAVANCER LIMITED社でした。

なるほどね。
なんとなく見えてきました。

銀行振り込みの申し込み完了画面(イーペイメント社)からの戻りURLは、私がアクセスしていた「サブドメイン+1ckipkxsepon.asia」ではなく、
「from-peach-mail.com」のURLが設定されていました。

たぶん、決済代行会社は、詐欺に使っていないよくある出会い系サイトとして審査を通し、契約後、加盟店が別の詐欺用サイトの決済にも(勝手に?)利用しているんでしょう。

決済代行会社さんは、(好意的に推察すると)悪質な出会い系サイトに使われると知らずに契約したんでしょうから、ある意味騙されている立場でしょうが、詐欺の片棒担ぐ羽目にもなるかもしれません。

なお、悪質出会い系サイトの決済代行会社に関しては消費者庁も監視しているようです。
参考:いわゆる決済代行問題の考え方について(平成23年2月10日)消費者庁
ぜひ、加盟店の審査は厳しくお願いしたいものです。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

One Response to “悪質な出会い系サイトと決済代行会社の関係について。”

  1. 山田 より:

    おそらく、決済代行と悪質サイトはグルです。
    私は、決済代行自身が海外業者を装って詐欺サイトを運営しているケースまであると見ています。

    決済代行の法規制は、本来は銀行法で対策できているはずで、コンビ二での決済のために脱法的にお目こぼししてもらっている状況なので、取り締まろうと思えば取り締まれるはずなんですけどね。

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。