日本人の国際結婚は男女とも韓国、朝鮮の方が最も多いという意外なデータ。


2017年3月現在、日韓関係はさらに一歩冷え込んだ状態であることはご存知の通りですが、そこまで冷え切る前の2016年3月の「ウレぴあ総研」(ぴあ株式会社が運営)の記事を見たとき、ちょっと驚きました。

実は国際結婚で一番人気! 「韓国人男性」との恋愛ってどんな感じ?
日本と最も近いとも言える国「韓国」。ここ数年、韓国の音楽やドラマが流行っていることもあり、韓国という国や人柄に興味がある人も少なくないのではないでしょうか。こと恋愛に関して興味のある女子は多いはず。韓国人男性がどんな恋愛をするのか、知りたくないですか?
(中略)
実際に夫が外国人の方の人口をまとめた調査を見てみると、韓国が最も多く、次いでアメリカ合衆国、中国となってます。
(後略)

ちょっと国勢調査のデータで調べものをしたついでに見た記事でしたが、
え、そうなの?
日韓関係が冷え切っても恋愛は違う?
・・という率直な印象でした。

ただ、国勢調査は現在の夫や妻が外国籍の合計の人数なので、昨今の嫌韓・反日といった世論的な傾向が直接影響することもなさそうです。
ひょっとしたら、昨年単年で見ると、そういった国情がある程度、マイナスの影響を及ぼしているかも知れません。しかし韓国、朝鮮籍だから好きになるわけでもなく、好きになった人が韓国、朝鮮籍だったというのがフツーでしょうから、そういった日韓関係の悪化は本人たちには関係ないといえば関係ないはず。

また、日本で生まれ育った朝鮮籍の方は他の国籍の方より多いと推察できるので、そもそも夫もしくは妻が韓国や朝鮮籍の方と出会う機会も多いかも知れません。

私も総務省 統計局の「統計表一覧」の平成27年国勢調査で確認しました。
ただ、「ウレぴあ総研」にあった「(夫が)韓国が最も多く、次いでアメリカ合衆国、中国」というのは少し間違いのようで、韓国ではなく「韓国、朝鮮」、次いでアメリカではなく中国、3位がアメリカだと思います。

下記は夫が外国籍の(日本人妻)人数(ベスト5)。

夫の国籍 人数
韓国,朝鮮 30,232
中国 14,273
アメリカ 13,076
イギリス 4,622
ブラジル 3,524

ちなみに下記は妻が外国籍の(日本人夫)人数(ベスト5)。

妻の国籍 人数
中国 77,977
フィリピン 66,620
韓国,朝鮮 43,342
タイ 15,051
ブラジル 4,615

一部の農村部などではアジアからのお嫁さんが多いからなのか、アジア圏がベスト4を占め、アメリカ人の妻は7位(2,775人)でした。

あと、日本人男性で妻が外国籍の方(国籍不詳を除く)は、241,681人。
日本人女性で夫が外国籍の方(国籍不詳を除く)は、304,137人。

海外に永住されている方は国勢調査から漏れると思うので、日本人女性が夫の国に行くパターンが男性より多いと思われますが、そういう方を除いても、女性の国際結婚のほうが男性の国際結婚より6万人ほど多いということですね。

しかし、日本人女性は尽くすとか、おしとやかとか、そういった妄想印象が外国人の男性諸氏にあるというのは巷で聞く話ではあります。

いや、否定はしませんが、少なくとも私の家庭周りには(やまとなでしこは)いないです。

総務省からCSVでDLしたデータをもとにしていますが、万一誤りがある場合は、そっと教えてください。

(追伸)
古い記事ですが、2010年10月29日に下記の記事を書きました。
中国人男性に憧れる日本人女性が多いという、人民日報のおめでたいウソ。
中国の新聞で中国人の男性が日本人女性にモテるのは、中国の儒家文化に惹かれる女性が多くて本物の華人君子と巡り合うのを夢見ているためといった分析が記事になっていました。
新聞読者に対するリップサービス?
「夢見ている」って表現もすごいですが、あくまで好きになった人がたまたま中国人だったというパターンが多いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。