ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

遅いノートPCにメモリ増設とReadyBoostの設定をしてみた。

2015年06月10日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

知人にノートPCがとにかく遅いという相談を受けたため、メモリ増設とReadyBoostの設定をしました。

設定したPCは、富士通のノートPCでLIFEBOOK A530/AX。
スペックは、Windows7 Professional(32Bit) Core i3、メモリ2GB。

fujitsu

まずはメモリですが、このノートPC(LIFEBOOK A530)は最大4GBまで可の機種です。
背面でメモリが抜き差しできるパネルはネジ5本ある大きい方です。そのパネルを開けてみると、メモリは2スロットあり、1スロット空きがあったため、amazonで2GBメモリ(DDR3-SDRAM S.O.DIMM)を3,544円で購入して追加しました。

結果(このPCのユーザーではないので)改善されたのか不明ですが、体感的には持ち主曰く、「ちょっと早くなった(笑)」とか。

このPCのWindows エクスペリエンス インデックスを
[スタートボタン]>[コントロールパネル]>[パフォーマンスと情報]と進んで、スコアを確認してみると・・

experience-index

サブスコアは4.0でした。

ちなみにメモリを2GBから4GBに増設する前も確認していたのですが、サブスコアは変わってませんでした。

なお、Windows エクスペリエンス インデックスをご存じない方は、下記にVista/Windows7/Windows8別に説明ページがあります。

Windows エクスペリエンス インデックスとは(Win7)
(以下抜粋引用)
コンピューターのハードウェアおよびソフトウェアの構成の機能を測定し、この測定値を基本スコアと呼ばれる数値で表します。一般的に、特により高度でリソースを大量に消費するタスクを実行する際には、基本スコアが高いコンピューターほど、基本スコアが低いコンピューターよりも高性能で高速であることを示します。

さて、このノートPCはサブスコアが4.0ということで、あまり高い数値ではありませんが、WindowsのTips集に、エクスペリエンス インデックス のサブスコアが 4.0 より低いコンピューターでは、パフォーマンスが最も大きく向上するとあったので、次にReadyBoostの設定をしてみました。

ReadyBoostとは、以下ウィキペディアから引用。
Windows ReadyBoost(ウィンドウズ レディブースト) は、Windows Vista、およびWindows 7、Windows 8(Windows 8.1含む)の一機能。フラッシュメモリなどの外部メモリーを、ハードディスクドライブのキャッシュとして利用することで、ソフトウェアなどの読み込みを高速化する機能のこと。

ReadyBoostに使ったのは4GBのSDカード(実売1,000円程度)。
ReadyBoostに使うためには最低容量256 MB で、最低64 KB の空き領域とあったので、別に4GBもなくて良かったのですが、今どき量販店に行っても大容量のSDカードが主流で、4GB以下は近所のカメラ屋に行っても売ってませんでした。

ReadyBoostの設定は、買ってきたSDカードをノートPCに差し込み、そのドライブ(ディスク)のプロパティを開き、ReadyBoostタブに進み、
「このデバイスをReadyBoost専用にする」もしくは「このデバイスを使用する」を選択します。

あとはOKして閉じるだけ。

設定前と後の効果測定はしていませんが、その後、体感的には効果あったように聞いています。
なお、ReadyBoost設定後もサブスコアは変化なしです。

(追伸)
私も自分のノートPCで開いてみましたが、HDDがSSDのため、「ReadyBoostに使用できません」と表示されてしまいますし、サービス(Sysmain)を有効にすることもできませんでした。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。