ブログ名の設定は、まだ。 ネット社会の一粒の"地の塩"でありたいと思っています。

Thunderbirdで送信済みトレイにあるはずのメールが見えない現象と、その対処の話。

2016年02月25日 · カテゴリ:パソコン・ソフト関連

夜、Thunderbird(サンダーバード)で1通のメールを送信した後、送信済みメールを確認しようとしたところ、送信済みトレイにそのメールが見当たりませんでした。

よく見ると、その日のお昼前の11:49に送信したメールを最後に、送信済みトレイには10数通送ったはずのメールがありません。

あれれ?

下記のキャプチャー画像は、送信済みトレイを開けたところです。
日付が変わった翌1:12までメールが見当たりません。

mail1

そこで送信メールに使った思い当たる文言で検索をかけると・・・12通、ヒットしました。
検索には出るのに、しかも格納先は「送信済みトレイ」と(キャプチャでは切れていますが)右に出ています。

mail2

見えないけど削除されてしまったわけじゃないということですね。

いや、それじゃだめでしょう(怒)
何が原因なのかわからず、送信済みトレイにある不要なメールを削除してみたりしました。
また、古い送信メールを保存するためのホルダを「2015.1-6」とか「2015.7-12」とか作って移動させていたりしていたのですが、ここ暫くサボっていたのでそれもやりました。

Thunderbirdにはフォルダを右クリックして「最適化」というのがありますが、それをすれば直るのかと思い、実行しましたが、見えません。

結局どうしたかというと、私の場合ですが、その見えている検索結果の一覧で送信済みメールを特定のフォルダに移動させ、そしてそのフォルダから送信済みトレイに戻してみました。

特定のフォルダは、私の場合、Thunderbirdの「アーカイブ」を使いました。
Thunderbirdの「アーカイブ」は、受信フォルダ内の振り分けで残ってしまったけど捨てられないような古いメールの整理に使っていましたが「2016」サブフォルダは空だったので。(まあそんなことしなくても1個フォルダを作っちゃえば済む話です)

手順ですが、

(1)多分、引っかかるだろうと思うワードで検索し、その時間帯に送信したメールを右クリックして「アーカイブ」を選択。
検索ワードを変えて繰り返し、その時間帯の送信メールを選択しては「アーカイブ」に移動させます。

(2)次に「アーカイブ」を開き、今移してきた送信メールを右クリックして「送信済みトレイ」に移動を選択します。

mail3

そして、「送信済みトレイ」を見ると・・・見えるようになりました。

ま、原因は解っていないので、あくまで”私の場合は復活した”ということですけど。

そもそもThunderbirdの「アーカイブ」って何?という方はこちらの方(http://synclogue-navi.com/thunderbird-archives)が詳しく説明しています。

なお、もしお試しされる方は自己責任でお願いいたします。

« 1つ古い記事:

1つ新しい記事: »

Leave a Reply

Trackback URL

記事テーマと関係ないとか、リンクがない場合(一方的TB)、あとアダルトサイトは申し訳ないですが承認しませんので予めご了解ください。またrel="nofollow"つけてるので、SEOのリンクジュースが目的のコメント、TBは残念ながら効果が無いと思います。予めご承知おきください。