スピードUPをめざし、ロリポップのCGI版PHPをモジュール版PHPにした。


先日、このブログのテーマ(テンプレート)をレスポンシブにしましたが、それ以前は、PC用のテンプレートに、スマホ用のプラグインを併用していました。
ちょっとウッカリ(大問題だったかも)でしたが、一昨年4月にスマホ用のプラグインを変更した際、アクセス解析の計測タグを入れ忘れていて、この2年半あまりスマホユーザーのアクセスを計測できずにいました。

そのため、今週はじめにレスポンシブにしてから、ブログのアクセスがイキナリ先週までの値の140~160%となって驚きました。
あくまで(全体のおよそ3割を占める)スマホのユーザー数が解析から抜けていただけなので、レスポンシブにした効果でアクセスユーザー数が増えたわけではありませんが・・。

さて、それだけスマホユーザーの割合が多いことがわかったら、前から気になっていたページの読み込みのスピードの遅さをなんとか改善したくなりました。
ページの容量やCSSやJavascriptの圧縮などに関しては以前からちょこちょこと手を入れていたりしているのですが、そもそもサーバがショボ過ぎではないかという疑問もあり、サーバのスペックを確認しました。

このブログのサーバはロリポップのライトというプランで、月額300円、容量50GB、転送量60GB/日。WordPress利用可(CGI版PHPのみ)。
ひとつ上のプランはスタンダード。
月額 600円、容量120GB、転送量100GB/日。WordPress利用可(CGI版PHP・モジュール版PHP)。
このモジュール版PHPというのがロリポップの「売り」で、ロリポ曰く、

高速なレスポンスを維持する「モジュール版PHP」
当社ベンチマークテストにおいて、モジュール版PHPでは約37倍(※)の高速化を実現しています。同時アクセス数が増加し、通常高負荷によるアクセス遅延が発生するような状況においても、高速なレスポンスを維持し続けます。

・・とのことなので、一念発起して(大袈裟ですが)、まずはスタンダードにプラン変更をすることにしました。

ロリポップの管理画面でプラン切り替えの申し込みをすると、およそ5分程度、Webサイトがアクセス不可になりましたが、その後復活。

ただ、プランを変更しただけだと、従来のCGI版PHPのままなので、PHPの設定変更が必要です。
設定変更は、管理画面で「Webツール」>「PHP設定」と進み、バージョンの選択肢にある(5.5CGI版)を、5.6モジュール版に選びなおし、「変更」ボタンをクリック。

「dame3212.net」のバージョンを「5.6(モジュール版)」に変更しました!
設定反映に5~10分ほど時間を要します。

とあるので、しばし放置。
そして、GTMETRIXでページスピードを計測。

【5.6(モジュール版)に切り替え後】

うっかり切り替え前を計測していなかったので、昨年(2015年)11月に計測した時の記事から、キャプチャを貼っておきます。
【5.5CGI版(2015.11)】

比較した感じではPage Load Timeが76.5sから3.5sに、飛躍的に改善されているように思います。

Googleアナリティクスの「読み込み速度」がどうなったのかは、結果がグラフに反映されるのは数日かかるかと思いますが、変化があれば後日貼ってみたいと思います。

(2017年4月追記)
残念ながら、その後、3カ月後にロリポップからエックスサーバーに引っ越ししてしまいました。
目に見えた改善がみられなかったことと、相変わらずの不安定さに嫌気がさしたことと、sslにしてみたくなったことが理由です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。