Windowsアップデートを失敗させる原因となっていた、コンパネから削除できないセキュリティソフト(カスペルスキー)を削除し、その後アップデートを完了させた話。


数か月の間、放置していたWindows10のPCを再び使うためにWindowsUpdateをかけたのですが、どうしてもアップデートに失敗します。

「アップデート中」にまでは至りますが、なぜか49%まで行って停止。

しばらくすると、Windowsアップデートエラーの画面には、セキュリティソフト(カスペルスキー)を最新にするかアンインストールしてくれと表示されます。

そこでコントロールパネルのアプリ(アプリと機能)の画面を見ると

・kaspersky Endpoint Security for Windowsと
・aspersky Security Center 10ネットワークエージェント

がありました。

ただ、ネットワークエージェントはこの画面でアンインストールできたのですが、kaspersky Endpoint Security for Windowsのほうはアンインストールのボタンが活性化されていなくて削除できません。

どうしたものかと、カスペルスキーのユーザーサポートページを検索して探すと下記の記事が出ました。

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows をアンインストールする方法

インストールウィザードを使用する(ローカル)
1.[コントロール パネル] – [プログラムと機能]の順に開きます。[Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows]を選択して、[変更]をクリックします。
2.インストールウィザードのウィンドウで、[削除]をクリックします。


(画像拝借しました)

しかし、このページの「インストールウィザードを使用する(ローカル)」に書かれている「プログラムと機能」って、いまのWindows10のコンパネには見当たりません。

試行錯誤して思いついた方法が下記。

(1)スタートボタンのところにある検索窓にkaspersky と打ち込み、検索。

(2)検索結果に出てきた「kaspersky Endpoint Security for Windows」を右クリックして「アンインストール」を選択。

(3)昔風の?コンパネ(プログラムと機能)が表示されるので、その画面にある「kaspersky Endpoint Security for Windows」を右クリックして「アンインストール」を選択。

そうすると、アンインストールウィザードが立ち上がり、

あとはカスペルスキーのユーザーサポートページと同じように進めればアンインストールができました。

・・・ということは、Windows10のコンパネの「アプリ」ではアンインストールできないアプリが、「プログラムと機能」では出来るってことなのでしょうか?

そう考えると、検索窓からアプリ名を呼び出して、右クリックでアンインストールで「プログラムと機能」を開けば、ほかのアンインストールできないアプリもできてしまうのか?

まあ、今のところそんなアンインストールできない系のアプリは他にないので、機会があればテストしてみたいと思いました。

閑話休題。

その後、再度コンパネのWindows Update画面でUpdateに再挑戦。

なんと3時間近くかかりましたが、無事インストール完了。

再起動を求められ、これも数回自動的に再起動を繰り返し、

30分ぐらいかかりましたが、やっとのことでWindowsが起動。

起動後にWindows Update画面から履歴を見ると、

無事にUpdateできていました。

とりあえず4時間弱もかかってしまいましたが、UpdateできなくなっていたWindows 10が更新されました。

しかし、Windows Updateは溜めないことですね。

ただ、今回溜まってしまった原因はセキュリティソフト(カスペルスキー)が問題だったようで、そのアプリをコンパネのアプリ(アプリと機能)でアンインストールできないからUpdsateも失敗し、かつしばらく放置していたからと思われます。

現場からは以上です。スタジオにマイクをお返しします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください