Google Chromeの0xc0000005 のエラーがno-sandboxでも効かなくなった。

以前、Symantec Endpoint Protectionと当たってしまうGoogle Chromeの0xc0000005 のエラーを、起動のショートカットに「–no-sandbox」をつけてエラー回避していたのですが、なぜか急にそれが効かなくなってしまいました。

仕事でスマホのページを作らなければならなかったので、途中の仮チェックはFirefoxでは無理ということでGoogle Chromeを使っているのですが、Chromeの拡張機能に「Firebug Lite for Google Chrome」と「User-Agent Selector1.0.3を入れたけど、それが原因なのか・・。
もしくは昨日から今日にかけてChromeかシマンテックが更新されたのか、よくわかりません。

結局レジストリを編集することに。
下記の記事を参考にさせてもらいました。

Google Chrome の 0xc0000005 エラー(2008.09.03/サーバー技術メモ)

ありがとうございました。
なおレジストリ編集は自己責任で。

しかし、レジストリ編集して再起動し、Chromeが起動するようになったのですが・・・。
Chromeの拡張機能の「User-Agent Selector」はOKでしたが、

Sorry, for security reasons extensions cannot run scripts in this page, Firebug Lite can’t work here

とアラートが出て「Firebug」が使えなくなってしまいました。
まったく!Google Chromeなんとかしてくれよっ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。