「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」という警告。


以前、私が昔関係したサイトがSQLインジェクションにやられたとき、
Google検索結果に
「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されてしまいました。

そのサイトは、今は(警告が消えるのに時間がかかったものの)幸い復旧しています。
ただ「修復したら再審査を申請した方が早かったのでは?」といまさらながら思って、
SQLインジェクションのよくあるパターンの「中国ドメイン+*.js」の組み合わせで適当に探していたら、その画面に再会。

サンプル(bbm21.cnには悪いけどww)

「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」をクリックすると、Googleの説明がありました。

Googleの説明

リスクがありますが、実際にURLをクリックすると

警告- このウェブサイトにアクセスすると、コンピュータに損害が生じる可能性があります。
検索のヒント:
* 前のページに戻って、他の検索結果を選んでください。
* 別のキーワードで検索してみてください。
または、ご自身の責任のもとで http://www.bbm21.cn/wangyemb/huandengpianmoban/EF7G71H8DJ.html にアクセスできます。見つかった問題の詳細については、Google が提供するこのサイトのセーフ ブラウジング診断ページをご覧ください。
不正なオンライン ソフトウェアから保護する方法については、StopBadware.org をご覧ください。
サイトの管理者である場合は、Google のウェブマスター ツールを使用して、サイトの再審査を依頼できます。審査プロセスの詳細については、Google のウェブマスター ヘルプ センターをご覧ください。

Googleのセーフ ブラウジング診断ページは下記。

Googleの診断ページ例
(bbm21.cnには悪いけどww)

ま、メモ代わりということで書いておきます。

(追伸)
この記事は2009/01/31に大量のアクセスを集めることになりました。
詳しくは下記をどうそ。
Googleが40分間、ご乱心。すべての検索結果サイトに「危険」と表示。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。