GCカード(ジーシー株式会社)って、消滅してたのね。


ほんと、どうでもいいことですが。
以前GCカード(ジーシー株式会社)に勤めていた友人の消息を知りたくて社名でググったら

gc
もしかして: GEカード

えっ!?
調べると
GEコンシューマー・ファイナンス株式会社が営業譲受。のち新生銀行の子会社となり新生フィナンシャル株式会社に商号変更。
新生フィナンシャル株式会社は株式会社新生銀行の子会社で、「NPLOAN」という名称で消費者金融を現在も展開しています。

ということで、昔、タモリが「おにぎり1個から」ってCMしてたんですけど、流れ流れて、ジーシー株式会社って会社自体が無くなっていたんですね。

そもそもGCカードは武富士の子会社で、首都圏を中心としたクレジットカード事業を展開していました。
ショッピング推進では十字屋とか衣料品のチェーン店で入会キャンペーンを実施して主婦向けに入会促進策を展開していましたが、実際はサラリーマンのキャッシングが主な収入源だったように思います。
また、ショッピングでは確かデフォルトが月5000円のリボ払いであったため、普通にショッピングで使うと増額設定をしない限り雪だるま式に負債が増えるユーザーが続出するというリスクもありました。
「おにぎり1個から」と、お財布代わりのカードとしてのコンセプトを打ち出しているのであれば、リボ払いはあり得ないと思います。
そのあたりは、現在もリボ払い方式のクレジットカード支払いを選んだときの問題点として共通しています。

で、話は変わりますが、GCCARD.CO.JPのドメインのこと。
ドメイン情報を見ると、ヤマシタ商事株式会社という会社が所有。実態はつかめず。
2009.02.21に書いた記事
「JCNコアラ葛飾」(コアラテレビ)が持っていたドメインの行く末。
でも言いましたが、これって残っていたページランク欲しさで後追い登録?
GCCARD.CO.JPもバックリンク用のサイトのようにも見えます。

(2013.01.03追記)
あいかわらずGCCARD.CO.JPというドメインはヤマシタ商事株式会社という会社が所有しています。
しかしCO.JPドメインなのに、なぜ実態が隠されているのでしょうか?
技術連絡担当者はサーバ会社(株式会社シーポイント)になってるし、正引きIPアドレスの管理者は、あの株式会社デジロックです。

(2017.03.21追記)
GCCARD.CO.JPというドメインは前回確認した際は「ヤマシタ商事株式会社」が所有していましたが、再確認すると所有者がありませんでした。
ということは手放したということでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。