ペッツファースト(p’s-first)で売れ残りペットのバーゲンセール。


(2017年3月9日 古い記事なので内容を少し更新しています)
たまたま地下鉄の車内吊で、上野のABABにて「3日間限りの大直売会!特別セール開催」!2010年1月29日(金)~31日(日)って広告を目にしました。その広告に「特価コーナー 1万円~5万円台のワンニャン大集合」ってことで生後半年ぐらいの犬や猫を集めたようなことが書いてありました。期日の31日(日)は今日までです。

開催主はペットショップ ペッツファーストという会社。
生後半年ってことは、いわゆる売れ残りの犬猫。
1万円と値段がありましたが、まあそんな値段でしょうね。だいたい3カ月を過ぎると値下げし続けて、半年過ぎたらもう100円でもいいから飼い主をさがすって事態でしょう。
ペットショップを応援するつもりはないですが、バーゲンだろうが特価だろうが1頭でも多く引き取ってもらえたらペットも幸せだと思います。

しかし、たった半年の間に価値が暴落するというのもツライ運命です。
ペッツファースト(p’s-first)さんが赤字覚悟で飼い主を探す(バーゲン)ことはいいことだと思います。
ただ、ペット業界の販売方法というのは犬猫ペットのゲージ展示する方法をとっていますが、後もずっとこんな形態を続けていくのでしょうか。

その昔(昭和40年前半)、東京畜犬という会社がありました。
親がコッカ―スパニエルをカタログで買いました。コッカ―スパニエルは皮膚病がありましたが一度だけ子を産みましたがうち何頭か死産だったそうです。その後皮膚病も癒えずなにかの事情で販売会社に引き取られたようです。
ただ、親の話では「買った」というより「預かって育て、子を産んで会社に戻す」ような認識でブリーダー感覚でセールスに勧められたようです。後になって知ることですが、たしか読売新聞が東京畜犬の販売方法をネズミ講だとして取り上げ、社会問題となり、東京畜犬は倒産に追い込まれました。

そのネズミ講の販売方法や犬を投資商品のような扱いをするのも問題ですが、別の側面から見ると東京畜犬の場合、購入者は「永久里親」のようなものでカタログで犬種を選び、犬が我が家に届けられるのを待つわけです。
ちょっと顔の模様がブサイクでもチェンジは確かできなかったはずですが、ある程度待つという点に関しては例えばもっと極端なことをいえば出産シーズンを見越した計画に組み込んでしまうとかできないものでしょうか。
里親という感覚だと模様がブサイクでもいいかって感じですが、選べない代わりに価格レベルを低くするとか。

勝手な妄想でしたが、
世の中が移り変わるなかで、もっとペットにも購入者にも幸せな取引方法の選択肢はないものか。
生後半年の血統書付きの犬が1万円!を見て、そんなことを思った次第です。

(おまけ)
ペッツファーストの犬猫で一番生後月齢の多い(年齢の高い)ペットを探すと

アメリカン・コッカー・スパニエル
カラー:チョコレート
性別:オス
月齢:120ヶ月
誕生日:2000/01/01
価格:31,500円(税込み)

月齢は誕生日から動的に計算しているでしょうから、「2000/01/01」が間違いだと思うのですが、さすがに10歳の犬は販売してないでしょうねww。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。