Adsenseをキャンセルした際の残額(利用停止の基準額)について。


実は2010年04月25日に「Adsenseの規定で残高が1,000円以上あれば、退会手続きで支払われる話。」という記事を書きました。
本日、追記することがあり、まとめる意味で書き直しました。
過去の記事は削除してこの記事にリダイレクトさせています。

Adsenseの退会(利用停止手続き)は
AdSense アカウントにログイン>ナビゲーション パネルで [設定] >[アカウント情報] の [アカウントをキャンセル] で可能です。

ただし、残高が「利用停止の基準額」以上であれば、その金額を受け取る必要があります。
通常、日本円で8,000円が「お支払いの基準額」なので、基準額に達しなければ支払いを受けられないと思っている人もいるかと思いますが、Google曰く、「未払いの収益を受け取らずに利用を停止することはできない」とあります。

詳しくは下記。
AdSense の利用を停止する(Adsenseヘルプ)

利用停止の際にアカウントの差引残高が利用停止の基準額を超えている場合は、当月末からおよそ 90 日以内に最終のお支払いが行われます。

「お支払い基準額」と「利用停止の基準額」は少々混乱します。

お支払い基準額 利用停止基準額
8,000円 1,000円

「お支払い基準額」は累計8,000円を超えると支払われる基準額で、「利用停止の基準額」はAdSense の利用を停止したときの残高が1,000円を超えていたら支払われる基準額。

これも詳しくは下記。
お支払い基準額(Adsenseヘルプ)

つまり、1,000円以下は没収ですが、1,000円以上であれば8,000円に達していなくても、手続きした月末から 90 日以内には貰えるってことになります。

私自身、もしブログをやめるときに8,000円に達していないAdsenseの残高はあきらめるしかない、つまりGoogleの儲けになると思っていました。

もし何らかの事情でブログやサイトを続けることができなくて、たまたま残高が1000円以上あるなら、Adsenseの利用停止の手続きをするのもいいように思います。

・・・ここまでが2010年04月25日に書いた記事の引っ越しです。

さて、本日2017年7月12日に、私が管理者の1人になっている他人のAdsenseアカウントをキャンセル手続き(代行)しました。

すると、Google AdSenseからのメールが届きましたが、気になることがありました。

アカウントの残高が ¥8,000 を超えている場合は、次回のお支払い期間に最後のお支払いをお受け取りいただけます。¥8,000 を下回っている場合、お支払い手続きは行われませんのでご了承ください。

ん?
以前確認したときと文章が違っています。
以前は¥1,000で、下記の文章でした。
(太字の強調は私)

アカウントの残高が ¥1,000を超えている場合は、次回のお支払いスケジュールにて最後のお支払いをお受け取りいただけます。この金額を下回っている場合、お支払い手続きは行われませんのでご了承ください。

どうもおかしいですよね。

以前は「利用停止の基準額」1,000円のことが書かれていて、いつのまにか「お支払い基準額」8,000円の説明に変わったのでしょうか?

AdSense ヘルプを見ても規則が変わってるようには思えませんので、相変わらず、8000円を下回っていても 利用停止の基準額(1,000円)を超えていればその月の最終日から約 90 日以内に最後のお支払いが行われるはず。

ただ、通常の支払いサイクル(月末締めの翌20日過ぎ)ではなくて、末締めの3か月以内に払うということではないでしょうか?

本日キャンセルしたアカウントも、過去にお支払い基準額を何度か達成して振り込みを受けていましたが、今日現在、残高が1,000円以上8,000円未満でした。

利用停止の基準額はクリアしていたので7月末+90日以内に入金があると想定していますが、なんだか不安にさせるメール文の変更と言えます。

とりいそぎ、後日入金確認ができたら追記します。
10月を過ぎてもまだGoogleから入金がなかったら、それはそれで怒りを込めてご報告します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。