ネオヒルズ系のビジネスの胴元の皆さんは、そろそろ勝ち逃げを狙ってるのかな。

なんとなく最近気にかけているネオヒルズ族のご商売ですが、昨年(2012年)からメディアへの露出や電車広告への出稿、はたまた最近では1発で100万円を超える高額な商材(一般人をネオヒルズ族にするという)の販売など、さすがに…

アメブロには本当のヒルズ系勝ち組と、自称勝ち組(一般人)が棲んでいるという話。

今年(2013年)1月に 「オプトインアフィリエイト」は情報商材を売るためのスキーム? という記事を書きましたが、最近はそれも若干下火になってきているようで、それに入れ替わる情報商材って訳ではないのでしょうけれど、どうや…

ペイドパブリシティ(or PayPerPost)とスティルスマーケティングと雑感。

ペイドパブリシティ、つまり記事の体裁にした広告(記事広告)は古くからある手法で、広告色を薄めて訴求力を狙うもの。 また、昨年あたりから話題になり、消費者庁も規制に乗り出したスティルスマーケティングに関しては、広告であるこ…