チップモナ(モナコインを投げ銭としてTwitterで送る)をするために必要なこと。


仮想通貨といえばBitCoinを想起しますが、BitCoin以外にもいわゆるアルトコインと呼ばれる仮想通貨は、国内の取引所で取引されているものを合計すると10種以上あると思います。

そのなかで、日本発祥のモナコインのことをご存知の方も多いのではないでしょうか。
ロゴマークやネーミングからして2ちゃんねる系のノリですが、技術はリッパな優れた通貨です。

モナコインについてはググれば数多くヒットしますが、Monacoin projectというサイトに簡単な説明があります。

モナーコイン(モナコイン)は2013年12月に誕生した日本初の暗号通貨です
有名なアスキーアート、「モナー」をモチーフにしています
(中略)
暗号通貨は世界的に投機的な面が強い傾向にありますが、モナーコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている暗号通貨です

さて、この説明にも書かれている投げ銭ですが、モナコインをチップとしてTwitter上で相手に送ることができます。

もちろんモナコインを持っていなければ送れませんし、そのことについて少し詳しく書きたいと思います。

まず、どうやったら送れるのか、送られたコインはどうなるのか・・ですが、たまたま何も知らずに最初にもらった人でも、それはTwitterのtipmona(モナコインちゃんbot)できちんと「保存」されています。

なぜなら、Twitterのアカウントを持っているだけで、特にtipmonaに手続きは要らないからです。

モナコインをもらった人は、tipmonaに残高がありますので、それを誰かに投げ銭する(チップを送る)ことに使えます。

送り方は簡単で、
@tipmona tip @送る人のID 金額 コメントがあれば書く
(すべてスペースは半角)
とタイムラインに書いて送るのですが、実際にTipを他人に送ったツイートは下記。

そのときのモナコインちゃんbotの通知のキャプチャーは下記。

ただ、スマホのTwitterにはモナコインちゃんbotが残高を教えてくれるのですが、PCのTwitterには通知が来ないのは私だけ?

それはいいとして。

もちろん資金調達(クラウドファンディング)が目的で集めた人であれば、集めたモナコインを取引所に持ち込んで売って日本円に替えることも可能です。
(方法は後述します。)

さて、チップを送ってみたいけど、Twitterのtipmona(モナコインちゃんbot)にモナコインを持ってないという人は、tipmonaに預けておく必要があります。

どこ(モナコインアドレス)に送金したら、自分のtipmonaの残高になるのかは、Twitterで
@tipmona deposit
と書いて送れば、モナコインちゃんbotから通知が来て入金用のコインアドレスを教えてくれます。
実際の画面キャプチャーは下記。

そのコインアドレスにモナコインを送金すると、自分のtipmonaの残高になります。

しかし、そもそもモナコインを持ってない時はどうするか?ですが、結局は仮想通貨の取引所で購入するしかありません。

2017年11月18日現在、モナコインを取り扱っている仮想通貨の取引所は、

Zaif(ザイフ)
bitFlyer(ビットフライヤー)
bitbank(ビットバンク)

などがありますが、このような仮想通貨の取引所で口座を作り、モナコインを購入します。

実は私はbitFlyerの口座を持っているのですが、bitFlyerはモナコインの「販売所」はあるのですが「取引所」がありません。

「販売所」とは取引の相手は取引所主(例:bitFlyer)となり、売値、買値にはすでに手数料が乗っています。
「取引所」は取引相手は他のユーザーで、相互の希望する価格の折り合ったところで売り買いがされます。

その意味では、bitFlyerは売値、買値の差(スプレッド=bitFlyerの手数料)が大きく、売買には不利ということで少し後悔しています。

下記は今(2017年11月18日)のモナコインの売値、買値ですが、この差が大きく、bitFlyerが儲け過ぎかと思います。

その意味ではZaif(ザイフ)あたりがいいと思います。
口座の作り方はそれぞれの取引所に行けば書かれているので省きます。

さて、その取引所に口座ができたとして、さっそくモナコインを購入します。
相場的には上記のキャプチャを見てもわかりますが、2017年11月18日現在、1モナコインが350円前後です。

そして、取引所でモナコインを購入して、そこからやっと自分のTwitterに送金ができます。

私はたまたま数百モナを持っていますが、Tipmonaで遊ぶだけなら1モナ(350円前後)でも10モナでもいいわけで、沢山購入する必要はありません。

次に、買ったモナをモナコインちゃんbotに預けます。

まずは先ほど書いた
@tipmona deposit
とツイートし、モナコインちゃんbotの通知を見ます。

モナコインちゃんbotには「xxxxxxにMONACOOINを送金してください!」とコインアドレスを教えてくれるので、そのアドレスに取引所からモナコインを送ります。

下記はbitFlyerからtipmonaの自分のアドレスに送る画面例です。

図にするとこんな感じです。

そして数分後にTwitterで自分のTipmonaの残高が増えているかを確かめてみます。

Twitterのタイムラインに
@tipmona balance
と書いて送ると・・・モナコインちゃんbotが通知で教えてくれます。

逆にtipmonaからモナコインを自分の取引所の口座などに引き出すときは、取引所で受取のコインアドレスを確認し、それをTwitterで
@tipmona 出金 金額 モナコインアドレス
とツイートしてtipmonaの自分の残高から指定のアドレス(例えばbitFlyerやZaifなどの取引所の自分の口座)へ送金もできます。

また、tipmonaはサイトが無いし、いちいちツイートしないと残高確認ができないとかを不便に思うのであれば、MonappyというMonacoin対応のオンラインウォレットサイトを利用するのも手です。

MonappyはTwitterのtipmonaと連携できるので、tipmonaに送金したり逆に入金したりすることが簡単に行うことが可能です。

なお、Monappyとtipmonaの間の送金・入金は0.01MONAの手数料がかかります。

いかがでしょうか。

いままでホリエモンとか、この仮想通貨やモナコインに詳しい方だけが遊んでいたtipmonaですが、私を含めておモナコインの「投げ銭」が広がれば、数ある仮想通貨の中でユニークな存在として世界に認知されるかも。

まあ、モナコイン自体、投機対象っぽい値動きで、ここ2か月だけでも何倍にも値上がりしてしまいました。

ただ、最近は300円台で落ち着いているのですが、投げ銭も1モナだと高額なので、0.1モナ(35円前後)とか、小数点以下で投げられているのが現実かと思います。

とりあえず、シャレでもネタでも少し持っていると面白いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。